A20060615_024405218


180: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)18:44:46 ID:FBLUqxvTD
自分のことを「優しくて怒ると怖いお姉さん」と思いこんでるナルシストBBA。
そしてそいつは凄まじいくらいの男女差別主義者だった。

そのBBAの担当するクラスの中で男子の扱いは目に見えて悪かった。
掃除の時間に机を運ぶのは男子の仕事、床掃除は男子の仕事、給食の配膳は女子が優先、プールの自由時間は女子にしか無い。
最初は小学生なりに「そういうものか」と納得していた男子たちもだんだん違和感に気付いて「これって男女サベツじゃない?」みたいな会話をするようになっていた。

決定的だったのはクラスでかなり気の強かった女子Aが男子Bとケンカを始めたこと。
AとBは普段から叩き合いをするくらい気安い仲でよくケンカしてはすぐ仲直りをしていて、二人を知ってる子からすれば「いつものこと」だったんだけど、今回はBBAの前でそれを始めたのが悪かった。

最初は軽い口論から始まって、二人がお互いに手を出したあたりでBBAが仲裁。
Aを保健室に行かせるとBに向かって「Aちゃんは女の子なんですよ? 男の子なら女の子には優しくしないとダメだってわかるよね(ニッコリ)」と説教。
その後クラスの男子全員に「暴力は最低の行為」として説教した後、その日の保護者懇談会で「BくんがAちゃんに暴力を振るいました、おうちで注意して下さい」と親に話した。
AもBも気が強かったからお互いにどうでもいいケンカだったと親に説明せず、Bは親と一緒にAの家に謝りにいくことになった。

男子Bはもともとクラスの男子グループの中心だった。
今回の事件でBはサッカー部を辞めさせられたらしく、女子AとBBAに対して常に喧嘩腰で接するようになった。
一部の男子がそれを真似してBと一緒に不良グループみたいなものを組んだ。掃除の時間をサボったり、授業を無視して後ろで喋っていたり、給食ではBBAのパンを隠したりした。
そのたびにBBAは男子全員に優しい(と本人は思ってる)説教をして連帯責任をとらせたけど、男子は誰も文句を言わなかった。
BBAに反感を持っている男子たちからすればその男子グループは英雄みたいな扱いだった。

引用元: http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1399955011/