メシウまとめm9(^Д^) | メシウマ2chコピペブログ

2ちゃんねるのメシウマな記事をまとめて貴方に紹介!日頃の鬱憤(うっぷん)を忘れてメシウマ状態!になって下さい。当ブログは貴方のご飯のお供になる。そんなサイトを目指しています。 今話題のフジテレビ痛快TVスカッとジャパンの話の元になったソースも取り扱っています。

メシウまとめm9(^Д^) | メシウマ2chコピペブログ

RSStitle
世の中のあらゆるメシウマを貴方へ当サイトは貴方のご飯のお供になる。
そんなサイトを目指しています。メシウマな記事読んで明日も生きろっ!!

ストーカー被害

著作者: Luke,Ma
引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目


http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1409295670/

189: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)08:06:54 ID:???
もう15年近く前、予備校時代、会社員の男性に1年間粘着されていたことがあります。
田舎住まいだったので、電車で1時間かけて隣県の予備校に通っていたのですが、ガラガラの電車のボックス席の向かいに必ず同じ男性が座ってきました。
20代前半くらいで、スーツがブカブカで、自転車を全力で漕いで駐輪場に投げ捨てて飛び込んでくる変わった男性でした。
同じ乗車駅・降車駅利用、向かいに座るだけで、話しかけられるわけでもなく、私は参考書を読んだり眠ったりしていたので、それ以上の接点はありません。
2、3度乗り過ごしそうになったときに、ひじをチョイチョイとつつかれ無言で起こされたことがあります。
「あ、すみません」「いえ」が唯一交わした会話です。

jasonthe13
引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(126)


http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1399833797/

276: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/25(金) 12:16:39.18 ID:o1iWeH1V.net
アリス十番のプレゼントにGPSが入ってた事件で思い出した。

スペック(当時)
俺  大学生2年生。若いころの松尾貴史に瓜二つ。
姉貴 社会人2年め。知り合いからはトミーフェブラリーに似てると噂だが、どことなく松尾貴史。
親父 松尾貴史。
俺と姉貴は上京してそれぞれ一人暮らし。

姉貴から電話があって「ストーキングされてるかも」と言われた。
なんでも、家に帰ったタイミングで特定の同僚(♂)からメールや電話が来るそうだ。
あまりに毎回タイミングが良すぎるから、もしかしたら付け回されているのかも、と。
ちなみに実家の親父に相談したら「弟(俺)を呼べ。」とだけ言われたようだ。

仕方ないから電車で二時間半くらいかけて姉貴の家に行ったら、すぐ解決した。 

no title

611: 名無しさん@おーぷん 2014/06/05(木)21:34:33 ID:6Ryq8ZyE4
元彼にカッターで切りつけられた事が修羅場。フェイク入れるので辻褄合わないところがあればごめんなさい。

高校3年の時、友達の紹介で半年ぐらい付き合った元彼(A男)
私は地元の専門に進学・A男は県外の大学に進学が決まって、遠距離恋愛か~と思ってたら相手から別れ話をされた。
県外と言っても隣の県だったし、まったく会えなくなるわけじゃないのに別れを切り出され、話し合いの余地もなかった。
何とか自分を納得させそのまま別れ、1年後に同じ科の人から告白されて付き合い始めた。(B男・現旦那)
その1年間、A男からは何の連絡もなかったし、紹介してくれた友人とも疎遠になっていたので、私の中ではすっかり過去の人になってた。
私は実家住まいだったけど、B男は専門近くのアパートに1人暮らしだったので、学校帰りに時々寄る事があった。
B男と付き合い始めてから約半年後、夏休みを数日後に控えたある日、B男のアパート前に誰かが立っているのが見えた。

引用元: http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1399955011/


b0163345_22352817


86: 名無しさん@おーぷん 2014/05/17(土)13:02:29 ID:fHtWpGIE4
私は野菜の移動販売の仕事をしている。
車に野菜を積んで担当のエリアを周り、一軒一軒まわって新規のお客様を獲得していくような感じ。
一年以上この仕事をしているので、常連や友人のように仲の良い客が多く、
固定給+インセンティブ形式のこの仕事でかなり稼がせてもらっている。

お客様の一人にB子がいる。彼女はたまたま私のエリアに住んでいる親友で、
「私ちゃんの売り上げに貢献しちゃいます!」と結構な量の野菜を買っていく。
B子には感謝の気持ちでいっぱいで、お返しによくランチを奢ったりしている。

そんなB子と野菜売買のやりとりをしている最中にこんな事を言われた。
「私の向かいの家のC太郎さん、私がこうやって野菜を買っているときに、2回の窓からこちらをじっと見てる。
私ちゃんを見ているのか私(B子)を見ているのかわからないけど気をつけて」

このC太郎、一度訪問した際にかなりキツい言葉で野菜を買うのを拒否した人だった。
もしかしたら野菜に興味を持ってくれた可能性もあるし、
「また来週もこの地域に来るので興味がおありでしたら、お顔をお出しください」と声をかけておいた。

引用元: http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1399955011/