lgf01a201501220200
引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(135)


http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1447734538/

8: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 22:50:28.59 ID:KJ8hyGjC.net
ついさっきの出来事。 
前を歩く上司ぽい男と部下っぽい女性が駅に向かいながら「2軒目行こうやww」「またにしましょうw」という会話していた。 
「ええやん!まだ終電まであるし、俺かなり良い店知ってるで!タダ飯やw行かな損やで」と男がしつこい。 

女性は嫌な顔せずにそれをかわしていた。  



駅まで直線100mというところまで来た。
そこまでは屋根があったけど、その先は地下道があるので地上には屋根がない。
どちらも距離は変わらないけど今日みたいに雨の日は大抵の人が地下道を通って駅まで向かう。
てっきり二人組も地下道に入るかと思ったら、女性が折り畳み傘を出して地上ルートへ進みだした。
傘がない上司は地下道に行こうとしたけど、女性に別の話題を出されて地下道に行こうと言えないし、ついていかないわけにもいかないのでそのまま地上ルートへ。
駅につく頃にはもちろん上司はびしょ濡れ。

「わっ!結構雨強かったんですね!早く帰らないと風邪ひいちゃいますよw私こっちなんで、お疲れ様でした~」と女性はさっさと改札に入っていった。
天然と言えなくもないけど、自分が傘を差し始めてから口数が増えたり、最後のセリフを聞くと確信犯(誤用)だったのかなと思ってしまう。