著作者: Brett Jordan
引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験2度目


http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1404526776/

845: 名無しさん@おーぷん 2014/08/21(木)11:00:00 ID:???
この前、妻に誕生日だったのでケーキと花束とワインを買って帰った。
娘たちも一緒にお祝いして、たくさんケーキを食べて
普段より早くベッドに行った。
娘たちが寝た後、二人でワインを飲んでいた時に
妻から愛しているって言われた。
何度もワインを飲みながらゆっくり言うんだ。

俺は前の彼女にひどい裏切りをされて、吹っ切るために見合いをして
2ヶ月で結婚を決めた。

10年前のクリスマスの苦い思い出
あるサークルに入っていて、メンバーに明るい女性がいた
その彼女にはサークル内に、彼氏がいてたんだけど、
男に二股かけられていた上に
もう一人の女性を妊娠させて結婚した
失恋して落ち込む彼女を慰めるうちに、仲良くなり告白されて付き合んだ
可愛い彼女で、本当に毎日が楽しかったんだ、
今振り返っても、あれほど楽しい日々はなかったと思う
3年の交際期間に喧嘩もあったけど、隠し事のない交際のはずだった
彼女とクリスマス前の土日の予定を持ちかけたら、仕事で会えないから
そのかわり、イブ(平日)にクリスマスデートをする事になったんだ
そんな時、学生時代にバイトで世話になった洋菓子店から、
土日暇だったら手伝ってくれって頼まれた
会社にばれるのは、まずかったので、マスクと帽子を被って店に立っていたら
彼女と元彼が、クリスマス用のペアのケーキセット買って行った
彼女は、去年のクリスマスにあげたコートを来ていた
手伝いが終り、彼女のアパートが見える場所に車に乗って待っていたら
彼女と元彼が腕を組んで、俺が売ったケーキセットもって部屋に消えて行った
車の中で聞いていたFMで、須藤薫のセカンドラブが流れたんだ
ああ、彼女にとって俺は二番目なんだと
同じケーキセットを彼女のマンションのドアノブに同じケーキセットを下げて
二番目だけどメリークリスマスってメッセージを付けて、その場を離れた
サークルのメンバーには説明して、サークルもやめた
彼女からのメールも着信も拒否したんだ
彼女の友人から初めてだから、許してあげてってメールが来たけど
あの日が、初めてでも、100回目でも、俺が二番目であることは変わりない

彼女は元彼とはそれっきりだったらしく、今も独身でいると聞いた
彼女とその後一度も会うことなく別れた、
俺は忘れるように、すぐに見合いをして結婚したんだ
妻になった人は、地味で大人しい人だけど、人を裏切らないほどには優しくて
二人の娘も出来たよ
家族で遊びに行った帰りの電車で、うたた寝する妻と娘たちと手を繋いで
座っていたら、じっとこっち見ている女性がいた、元彼女だった
彼女だった人があのコートを着て、俺を見つめて涙を一滴ながして
次の駅で降りて行った
憎しみも愛情も何も感じなかった
ああ、これで自分の中で彼女の事は、終わることができたんだと思った

政令指定都市だけど、私鉄がない位の田舎
洋菓子店は、地元では有名なお店だけど
今までクリスマスケーキはその店では買ってなかったんだ
彼女の事を思い出したくなくて、買えなかったんだろうね
妻と娘のプレゼントと10年ぶりにその店のケーキ買って帰ろうかな

見合いで短時間で結婚したから、妻から愛しているって言われたことってほとんどない。
見合い結婚ってそんなものかと思っていた。

なぜ、愛していると言ってくれるのと聞くと
私だけを見てくれるのがわかったからと言うんだ。
ずっと前の彼女の事を心に残していると思っていたから言えなかっただけで、
初めて会った時から好きだった、結婚して幸せ
少し酔った顔で真直ぐ話してくれた
俺の友人に前の彼女の事を結婚前に聞かされて、俺を支えて欲しいと頼まれたって
俺の心の中には前の彼女の事が消えないだろうと思っていたらしい。

妻が偶然に俺が書いた掲示板の書き込みを読んで
前の彼女を忘れて、妻だけを見てくれるようになった事を感じたので
どうしても言いたかったといわれた。
転載禁止のスレに書き込んでいたのに読まれたことや
前の彼女の事を詳しく知っている事に驚いた。