2: 名無しさん 2014/03/27(木)22:22:49 ID:zZqJKP5t1
三億円事件

三億円事件とは東京都府中市で1968年12月10日に発生した、窃盗事件である。三億円強奪事件ともいわれる。

現金輸送車に積まれた東京芝浦電気(現・東芝)従業員のボーナス約3億円(2億9430万7500円)が、白バイまで用意した偽の白バイ隊員に奪われた事件である。被害金額3億円は現金強奪事件としては当時の最高金額であった。その後の現金強奪事件では金額こそ三億円事件よりも強奪金額が多い事件があるが、1968年当時の3億円は現在の貨幣価値に直すと約10億円にあたり、貨幣価値においては現金強奪事件としては最高クラスである。

三億円事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%E5%84%E5%86%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

3: 名無しさん 2014/03/27(木)22:26:32 ID:zZqJKP5t1
グリコ・森永事件

グリコ・森永事件は1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に、阪神を舞台として食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件である。警察庁広域重要指定114号事件。犯人が「かい人21面相」と名乗ったことから、かい人21面相事件などとも呼ぶ。

1984年3月の江崎グリコ社長を誘拐して身代金を要求した事件を皮切りに、江崎グリコに対して脅迫や放火を起こす。その後、丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋など食品企業を次々と脅迫。現金の引き渡しにおいては次々と指定場所を変えたが、犯人は一度も現金の引き渡し場所に現れなかった。犯人と思しき人物が何度か目撃されたが逃げられてしまったため、結局正体は分からなかった。

その他、1984年5月と9月、1985年2月に小売店で青酸入り菓子を置き、日本全国を不安に陥れた。

1984年4月12日に警察庁広域重要指定事件に指定された。

2000年(平成12年)2月13日に東京・愛知青酸入り菓子ばら撒き事件の殺人未遂罪が時効を迎え、全ての事件の公訴時効が成立。警察庁広域重要指定事件としては初めて犯人を検挙出来なかった未解決事件となった。

2005年(平成17年)3月に除斥期間(民法第724条)が経過し、民法上の損害賠償請求権が消滅した。

企業への脅迫状とは別に報道機関や週刊誌などに挑戦状を送りつけ、毒入り菓子をばらまいて社会一般を騒ぎに巻き込んだことで、評論家の赤塚行雄から劇場型犯罪と名付けられた。同時期に世間を騒がせた三浦和義のロス疑惑とともに当時の世相として振り返られることも多い。


グリコ・森永事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B0%E3%AA%E3%B3%E3%BB%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

引用元: 激動の時代「昭和」の様々な事件

4: 名無しさん 2014/03/27(木)22:31:10 ID:zZqJKP5t1
赤報隊事件

赤報隊事件は1987年から1990年にかけて「赤報隊」を名乗る犯人が起こしたテロ事件である。指定番号から「広域重要指定116号事件」とも呼ばれる。未解決事件。

ここでいう「赤報隊事件」とは、1987年から1990年にかけて「赤報隊」を名乗る犯人が起こした以下の事件を指す。

朝日新聞阪神支局襲撃事件
朝日新聞名古屋本社社員寮襲撃事件
朝日新聞静岡支局爆破未遂事件
中曽根康弘・竹下登両元首相脅迫事件
江副浩正リクルート会長宅銃撃事件
愛知韓国人会館放火事件

特に朝日新聞阪神支局襲撃事件では執務中だった記者二人が殺傷され、言論弾圧事件として大きな注目を集めた。

警察庁は、「赤報隊」が犯行声明を出した一連の事件を広域重要指定事件に指定した精力的な捜査が行われたにもかかわらず、2003年までにすべての事件が公訴時効を迎え、事件は未解決のままとなっている。

NHKでは未解決事件を検証する番組「未解決事件」で、朝日新聞阪神支局襲撃事件をリストに取り上げ、目撃情報などの情報提供を求めている。


赤報隊事件→ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A0%B1%E9%9A%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://open2ch.net/p/news4vip-1395926269-4.png

5: 名無しさん 2014/03/27(木)22:35:30 ID:zZqJKP5t1
大久保清連続婦女暴行殺人事件

大久保清は日本の連続殺人犯。1971年に画家を装い、若い女性に近づき言葉巧みに愛車に乗せ、人気のない場所で暴行、殺害し遺体は山中に埋めた。この手口で同年に2ヶ月足らずの内に8人を殺害し逮捕。1973年に死刑判決を受け1976年1月22日、死刑執行。

大久保清→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%E4%BF%9D%E6%B8%85

no title

6: 名無しさん 2014/03/27(木)22:40:13 ID:zZqJKP5t1
女子高生コンクリート詰め殺人事件

女子高生コンクリート詰め殺人事件は1988年(昭和63年)11月から1989年(昭和64年)1月の間に、東京都足立区綾瀬で起きた猥褻誘拐・略取、監禁、強姦、暴行、殺人、死体遺棄事件の通称である。事件番号は平成2う1058。

この事件は、加害者が全て少年(未成年者)であったこと、犯罪内容が重大・悪質であったこと、犯行期間も長期におよび、少女が監禁されていることに気づいていた周囲の人間も被害者を救わなかったことなどの点で社会に大きな衝撃を与えた。

バイト帰りの女子高生の自転車を少年が蹴り、少年Aが親切な素振りで近づき、「お前はヤクザに狙われている」「俺が助けてやる」と言い、ホテルに連れ込んで女子高校生を強姦し、事件の現場となった家の自宅2階の居室に監禁した。少女を帰そうとせず、輪姦、性器にビン・マッチ・タバコなどの異物挿入、裸踊りや自慰行為の強要、タバコを2本一度に吸わせる、シンナーを吸わせたりした。少女は少年らの隙をついて警察に通報したのだが少年Aに見つかり阻止され、その腹いせに足にライターのオイルをかけて火で何度もあぶるという暴力行為し、彼女の焼け焦げた足の腐臭を疎ましく思い強姦の対象から暴力へと変貌し、1m以上上から鉄棒を腹に落とす、トイレにも行かせず飲料用紙コップに排尿させその尿を飲ませる、1.6kgの鉄球付き棒で大腿部を数十回にわたって殴打したり、被害者の脇腹部、脚部等を多数回にわたって手拳で殴打し、全身が血だらけになり目の位置がわからなくなるほど顔を膨れ上がる程の殴る蹴るなどの行為を繰り返し、少年Bが「なんだお前でっけえ顔になったな」と笑う、真冬の時にベランダに裸で放置、顔面に蝋をたらす、などの苛烈な行為を41日間にわたり行った。

女子高生を監禁していた家の両親は女子高生の存在を認知しており、一度1階で一緒に食事を摂ったりした。その折、女子高生に「早く帰りなさい」と促し、一時は家を出たのだが、加害者の少年の一人が連れ戻したので、結局監禁は続いて行われた。

1989年(昭和64年)1月4日、「ギャンブルに負けた」という理由で、自力では立てなくなりほとんど動けなくなった被害者を2時間にわたって殴る蹴る、足をライターオイルで焼く、鉄の棒で殴るなどのリンチを加え放置し、その結果被害者は死亡した。翌日、被害者の死亡に気づき死体の処理に困った加害者たちは、遺体を毛布で包み旅行バックの中に入れドラム缶に入れてコンクリート詰めにして、東京都江東区若洲の埋め立て地(現在の若洲海浜公園敷地内)に遺棄した。


女子高生コンクリート詰め殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%AD%E9%AB%E7%9F%E3%B3%E3%B3%E3%AF%E3%AA%E3%BC%E3%88%E8%A9%B0%E3%81%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

同年(平成元年)3月29日、別の事件で逮捕された際の取調中の加害者の供述により、被害者の遺体が発見されたことから事件が発覚した。

no title

7: 名無しさん 2014/03/27(木)22:44:26 ID:zZqJKP5t1
吉展ちゃん誘拐殺人事件

吉展ちゃん誘拐殺人事件は1963年3月31日に東京都台東区入谷(現在の松が谷)で起きた男児誘拐殺人事件。吉展ちゃん事件とも呼ぶ。

日本で初めて報道協定が結ばれた事件であり、この事件から、被害者やその家族に対しての被害拡大防止およびプライバシー保護の観点から、誘拐事件の際には報道協定を結ぶ慣例が生まれた。また報道協定解除後の公開捜査において、テレビを本格的に取り入れ、テレビやラジオで犯人からの電話を公開し情報提供を求めるなど、メディアを用いて国民的関心を集めた初めての事件でもあった。

犯人が身代金奪取に成功したこと、迷宮入り寸前になっていたこと、事件解明まで2年3ヶ月を要したこと、犯人の声をメディアに公開したことによって国民的関心事になったため、当時は「戦後最大の誘拐事件」といわれた。


吉展ちゃん誘拐殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%E5%B1%E3%A1%E3%83%E3%93%E8%AA%E6%8B%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

120: 名無しさん 2014/03/28(金)10:37:24 ID:rqw8ISVsO
>>7
これどっかで聞いたことあるわ
なんとかいう刑事が犯人に取調室で土下座して泣き落として誘拐された子の遺体を埋めたところを吐かせたとかなんとか
なんかドラマにもなってたとか聞いたけど忘れた

8: 名無しさん 2014/03/27(木)22:47:16 ID:zZqJKP5t1
新宿西口バス放火事件

新宿西口バス放火事件は1980年8月19日の夜、東京都新宿区の新宿駅西口バスターミナルで起きた路線バスの車両が放火された事件。

1980年8月19日(火)21時過ぎ、新宿駅西口バスターミナル20番乗り場で、発車待ちのため停車中だった京王帝都電鉄(現・京王電鉄。当該事業は分社化により京王バス東が継承)の運行する宿41系統・6号通り経由中野車庫行きバス(日野RE100・A2158号車 登録番号:練馬22か ・771)の車内に、男が後部ドアから火のついた新聞紙とガソリンが入ったバケツを車両後方へ投げ込んだ。

火は瞬時にして燃え広がり、6人が死亡、14人が重軽傷を負う惨事となった。

犯人の男(当時38歳)は北九州市で5人兄弟の末っ子として生まれたが、父親は定職を持たないアルコール依存症で、親が教育に無理解であったため小学5年生ごろからほとんど登校していなかった。犯人は父親の病死を機に建設作業員として全国を転々とする。1972年に結婚するも、妻が長男を出産した翌年に離婚。子供を児童施設に預けて毎月仕送りを欠かさずに、各地を転々としながら現場作業員として働いていた。


新宿西口バス放火事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%E5%AE%BF%E8%A5%BF%E5%8F%A3%E3%90%E3%B9%E6%BE%E7%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

事件当夜、駅前広場に通じる階段に座って酒を飲んでいたところ、何者かに「ここから出て行け」と言われ、カッとなって犯行に及んだ。

no title

15: 名無しさん 2014/03/27(木)23:01:13 ID:zZqJKP5t1
>>11

豊田商事会長刺殺事件

豊田商事会長刺殺事件は1985年(昭和60年)6月18日に発生した殺人事件。

1985年6月18日、大阪市北区にあった永野一男豊田商事会長の自宅マンションの玄関前に「今日逮捕」との情報を聞きつけてマスコミ取材班が集まっていた。

午後4時30分過ぎ、被害者の元上司に当たる自称右翼の男2人が永野の部屋の前に姿を現した。2人は張り込んでいたガードマンに「永野に会わせろ」と要求。連絡を取るためにガードマンが階下に下りた後、2人は元部下の被害者6人から「もう金はええ、永野をぶっ殺してくれ」と頼まれたと報道陣に語った。

そして窓の格子を蹴破り、窓ガラスを破って侵入、永野の頭部など全身13箇所を銃剣で刺した。当時永野の住んでいた部屋のドアの前などには大勢のマスコミがいたが、誰も止めようとはしなかった。永野は直ちに病院へ運ばれたが、腹部を刺されたのが致命傷となり、出血多量により約45分後の午後5時15分に息を引き取った。この時の永野の所持金はわずか711円だった。部屋から出た犯人らは、「警察を呼べ。俺が犯人や」と報道陣に語り、マンションから出たところで逮捕された。また、逮捕直前にかけつけた警察に対しマスコミが「(犯人を)早く逮捕せいや」などと強い口調で言ったため犯人が激高しマスコミに襲い掛かるという一面もあった。

永野が惨殺された際の映像(永野は室内にいたため殺害そのものの様子は写らなかったが、上記の犯人の侵入の様子および、窓際に置き去りにされた血塗れの永野がストレッチャーで運ばれる様子が映像に残された)はNHKニュースや民放テレビ各局で中継された。この時NHKは「子供には見せないでください」と慌ててアナウンサーが呼びかけた。その後発売された『FOCUS』では、犯人の1人が血塗れで断末魔の形相の永野を抱え、もう1人が銃剣を持つ写真が誌面を飾った。

読売新聞が読者投票で選ぶ1985年の日本10大ニュースでは、この惨殺事件が日本航空123便墜落事故に次いで第2位に選ばれた。

その後の詐欺事件の捜査で、豊田商事が集めた金のほとんどが流用され残っていなかったことが判明するが、最高幹部が死亡したため、金の流れに関して解明が難しくなった。結果的に捜査に支障をきたしたため、犯人は関係者に口封じのために殺人を依頼されたのではないかといった憶測も流れた。

1986年3月12日、大阪地裁で犯人2名に対しに懲役10年と懲役8年の実刑判決を言い渡された。それぞれが控訴し、1990年、1989年に刑が確定した。

その後、犯人の1人は、周りにいたマスコミに犯行の示唆教唆があったとして4度再審請求をしたが、いずれも棄却されている。


豊田商事会長刺殺事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%B0%E5%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E9%B7%E5%BA%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

17: 名無しさん 2014/03/27(木)23:04:46 ID:ZDnQiWdmG
>>15
これは間違いなく口封じですわ

12: 名無しさん 2014/03/27(木)22:53:55 ID:zZqJKP5t1
豊田商事事件

豊田商事事件は豊田商事による金の地金を用いた悪徳商法(現物まがい商法)を手口とする組織的詐欺事件。

高齢者を中心に数万人が被害に遭い、被害総額は2000億円近くと見積もられ、2009年現在詐欺事件としては最大の被害額である。強引な勧誘によって契約させられた挙句に老後の蓄えを失った被害者も多く、会長の永野一男がマスコミの前で惨殺されたり、その犯人に対して本事件を考慮した温情判決も出されるなど、大きな社会問題となった。

1981年、前身となる「大阪豊田商事株式会社」設立。

1982年、豊田商事株式会社に改名。

1985年、豊田商事の商法が社会問題化。国民生活センターなどにより豊田商事関連の110番が設置された。

4月、関連会社の鹿島商事の外務員が逮捕され、捜査が本格化する。

6月18日、豊田商事会長刺殺事件が発生。

7月1日、豊田商事が破産宣告を受ける。破産管財人として、弁護士の中坊公平が選出される。


豊田商事事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%B0%E5%86%E4%BA%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E9.96.A2.E9.80.A3.E9.A0.85.E7.9B.AE

no title

13: MKN◆MKNGsZ.ULw 2014/03/27(木)22:54:09 ID:Xu8IHjYKw
こわい

14: 名無しさん 2014/03/27(木)22:59:40 ID:ZDnQiWdmG
宮崎勤

20: 名無しさん 2014/03/27(木)23:10:26 ID:zZqJKP5t1
>>14

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件は1988年から1989年にかけて東京都北西部および埼玉県南西部で発生した、幼女を対象とした一連の事件。

警察庁公式名称は「警察庁広域重要指定117号事件」。『現代用語の基礎知識』には「連続幼女誘拐殺人事件」の名で掲載された。

この事件は、4歳から7歳という低い年齢の女児が被害者となり、犯行声明を新聞社に送り付ける・野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつけるなどの、極めて異常な行動を犯人が取ったことから、欧米を中心に多発する児童への性的暴行を目的とした誘拐・殺害事件などとの比較も行われ、戦後日本犯罪史上にて初めてプロファイリングの導入が検討された。

特異性が強い事件であったため、事件発生当初から激しい報道合戦が繰り広げられ、後に犯人の父親が自●したことで「メディアスクラム」をはじめとする報道のあり方が疑問視された事件でもあった。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%BB%E5%9F%BC%E7%8E%E9%A3%E7%B6%9A%E5%B9%BC%E5%A5%B3%E8%AA%E6%8B%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

16: 名無しさん 2014/03/27(木)23:04:35 ID:zZqJKP5t1
浅沼稲次郎暗殺事件

浅沼稲次郎暗殺事件は1960年10月12日、東京都千代田区にある日比谷公会堂において、演説中の日本社会党委員長・浅沼稲次郎が、17歳の右翼少年・山口二矢に暗殺されたテロ事件である。

この日、日比谷公会堂では、近く解散・総選挙が行われる情勢で、自民党・社会党・民社党3党党首立会演説会「総選挙に臨む我が党の態度」(東京選挙管理委員会・公明選挙連盟<現・(財)明るい選挙推進協会>、日本放送協会が主催)が行われていた。会場は2500人の聴衆で埋まり、民社党委員長・西尾末広、社会党委員長・浅沼、自民党総裁・池田勇人の順で登壇し演説することになっていた。

浅沼は午後3時頃演壇に立ち「議会主義の擁護」を訴える演説を始めた。浅沼が演説を始めた後右翼団体の野次が激しくなり、ビラを撒く者も出たので、司会のNHKアナウンサー・小林利光が自制を求めると、場内には拍手が起き、一瞬野次が止まった。それを見計らって浅沼は自民党の選挙政策についての批判演説を続けた。

浅沼が「選挙の際は、国民に評判の悪い政策は、全部伏せておいて、選挙で多数を占むると……」と言いかけた午後3時5分頃、山口が壇上に駆け昇り、持っていた刃渡り33センチメートルの銃剣で浅沼の胸を2度突き刺した。浅沼はよろめきながら数歩歩いたのち倒れ、駆けつけた側近に抱きかかえられてただちに病院に直行した。秘書官は浅沼の体を見回し、出血がなかったことから安心したが、それは巨漢ゆえに傷口が脂肪で塞がれたために外出血が見られなかっただけのことであり、実際には一撃目の左側胸部に受けた深さ30センチメートル以上の刺し傷によって大動脈が切断されていた。内出血による出血多量によりほぼ即死状態で、近くの日比谷病院に収容された午後3時40分にはすでに死亡していた。側近によれば、運ばれる途中踊り場で絶命したという。この殺害行為の発生により、演説会はそのまま打ち切られた。

山口はその場で現行犯逮捕、取調べに対し山口は若年ながら理路整然と受け答えしていたという。11月2日夜、東京少年鑑別所の単独室で、白い歯磨き粉を溶いた液で書いた「七生報国 天皇陛下万才」(原文ママ)の文字を監房の壁に残した後、自●した。また、この事件で警視庁は、山口のほかに、「全アジア反共青年連盟」責任者・吉松法俊(当時32歳)を恐喝、右翼団体「防共挺身隊」隊長・福田進(同・32歳)を公正証書原本不実記載および強要、また大日本愛国党総裁・赤尾敏(同・61歳)を威力業務妨害容疑で、それぞれ逮捕した。

公党の党首に対する攻撃を防げなかったとして山崎巌国家公安委員会委員長が引責辞任。この事件を機に、刃物の追放運動が全国に広がるようになり、また要人警護の手法が“目立たないように”から“見せる警護”へと改められることになった。


浅沼稲次郎暗殺事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%E6%B2%BC%E7%A8%B2%E6%AC%A1%E9%8E%E6%9A%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

18: 名無しさん 2014/03/27(木)23:06:10 ID:pdEAEWWWu
おせんころがし殺人事件

昭和27年に起きた、母子4人を強姦したうえ、当時外房の難所であった通称「おせんころがし」
から全員を投げ落として殺傷した事件。
この犯人はほかに4名を殺害しており、これらを一連の事件を含めてこの名称を使用することも
ある。

犯人には生い立ちなどに同情すべき部分もあったが、起こした結果が重大であったため極刑は免
れようもなかった。また収監されて以降、一言でいえば往生際の悪い行動を繰り返した。
なお、昭和中期に死刑廃止運動が起きた際に、極刑で臨まなければならない犯罪の例として、
本事件の犯人が名指しされた。

おせんころがし殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8A%E3%9B%E3%93%E3%93%E3%8D%E3%8C%E3%97%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

21: 名無しさん 2014/03/27(木)23:10:29 ID:CSshSbY6t
平成に掛かるがオウム関連の一連の事件も忘れるなよ

22: 名無しさん 2014/03/27(木)23:15:53 ID:zZqJKP5t1
>>21

オウム真理教事件

オウム真理教事件は1980年代末期から1990年代中期にかけてオウム真理教が起こした事件の総称である。

オウム真理教の教祖である麻原彰晃(本名:松本智津夫)が救済の名の下に日本を支配して、自らその王になることを空想し、それを現実化する過程で、外国での軍事訓練や軍事ヘリの調達、自動小銃の密造や化学兵器の生産を行い武装化し、教団と敵対する人物の殺害や無差別テロを実行した。

一連の事件で29人が死亡し(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)負傷者は6000人を超えた。

特に注目される事件として、教団と対立する弁護士とその家族を殺害した1989年11月の坂本堤弁護士一家殺害事件、教団松本支部立ち退きを求める訴訟を担当する判事の殺害を目的としてサリンを散布し計7人の死者と数百人の負傷者を出した1994年6月27日の松本サリン事件、教団への捜査の攪乱と首都圏の混乱を目的に5両の地下鉄車両にサリンを散布して計12人の死者と数千人の負傷者を出した1995年3月20日の地下鉄サリン事件が挙げられる。毎日新聞ではこれら3つの事件に対してオウム「3大事件」と表現している。

被害者の数や社会に与えた影響や裁判での複数の教団幹部への厳罰判決などから、日本犯罪史において最悪の凶悪事件とされている。

2011年12月、それまでに起訴された全ての刑事裁判が終結し、189人が起訴され、13人の死刑判決と5人の無期懲役判決が確定した。2011年12月31日に16年以上にわたり逃亡を続けてきた平田信が警視庁に出頭し、翌2012年1月1日に逮捕され、その後起訴された。2012年6月3日には同じく逃亡していた菊地直子が潜伏先で逮捕され、同月15日には同じく逃亡を続けていた高橋克也が、東京都大田区西蒲田の漫画喫茶で身柄を確保され、同日逮捕された。これで警察庁からオウム真理教事件に関する特別指名手配を受けていた3人は、すべて逮捕・起訴された。


オウム真理教事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AA%E3%A6%E3%A0%E7%9C%9F%E7%86%E6%99%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

26: 名無しさん 2014/03/27(木)23:29:40 ID:zZqJKP5t1
永山則夫連続射殺魔事件

永山則夫連続射殺魔事件は1968年10月から11月にかけて、東京都区部・京都市・函館市・名古屋市において発生した、拳銃による連続殺人事件である。

横須賀のアメリカ海軍基地から盗んだ拳銃により、社会への復讐のために短期間のうちに4人を射殺した。

少年は人を殺した。理由はない。(この事件を契機に「永山基準」と呼ばれる死刑基準ができた)


永山則夫連続射殺魔事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%B1%B1%E5%87%E5%A4%AB%E9%A3%E7%B6%9A%E5%B0%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

27: 名無しさん 2014/03/27(木)23:31:33 ID:pdEAEWWWu
寿産院事件

昭和23年に発覚した大量の嬰児遺棄致死事件。正確な被害人数は不明で200名弱、あるいはそれ以上が死亡したものと思われる。
経営者夫婦と元助手の女、一回500円で遺体引き取りを請け負っていた男が逮捕された。

当時は食糧難経済難ゆえ、生まれた嬰児を一人数千円で引き取る業者がおり、これらの中には施設整備がされていないにも関わ
らず、一人あたりで計算される配給品を受け取り横流しをして儲ける悪徳業者があった。寿産院もそういった施設の一つだった。
預けられた子供はタコ部屋のごとく部屋にすし詰めにされ食糧はほとんど与えられなかった。また死因は、遺棄致死ではなく
子供への暴力のために死亡した者もあったことが犯人への調べで分かっている

また赤ちゃんが死亡する際には役所への届け出が必要だが、届け出を受けていた新宿区役所では、寿産院から大量の死亡者が
出ているにも関わらず特段の注意を行わずただ漫然と手続きを進めていただけであったため、発覚後は役所への非難の声も上がった。

これだけの事件であるにも関わらず、主犯である女は懲役四年、夫が懲役二年。

寿産院事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E7%A3%E9%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

29: 名無しさん 2014/03/27(木)23:42:12 ID:zZqJKP5t1
西成区麻薬中毒者殺人事件

西成区麻薬中毒者殺人事件は1982年(昭和57年)に大阪市西成区で起こった無差別殺人事件である。

犯人は妻子をめった刺しにし殺害した後アパートの住人にも次々に襲い掛かり危害を加えた。

この結果たった5分間の間に4人が死亡、3人が重軽傷を負う大惨事となった。

犯人は学生時代から覚せい剤に溺れ、何度も逮捕と釈放を繰り返していた。

そして遂に覚せい剤の長期使用による影響で幻覚や幻聴に襲われる様になりそれが原因による被害妄想によって凶行に打って出てしまった。


西成区麻薬中毒者殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%90%E5%8C%BA%E9%BA%BB%E8%AC%E4%B8%AD%E6%AF%E8%85%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

31: 名無しさん 2014/03/27(木)23:49:16 ID:pdEAEWWWu
天城山心中事件

昭和32年に愛新覚羅慧生(清朝末帝 愛新覚羅溥儀の姪)と学習院大学で同級であった男との心中事件。

事件の真相は今もって謎であるが、多くは男の一方的な無理心中が真相と考えられている。
ただし慧生はその身の上から、常に孤独感にさいなまれており一方的とはいえ自分に対して
思いを注ぐ男に惹かれていたことも残る書簡や友人の証言などで分かっている。また、日本
での身の寄せ先である嵯峨家の内情も本件に少なからずかかわりがあったと考えられる。

当時皇帝の縁戚がこのような事件を起こしたことで煽情的にマスコミで報道され、翌年には
本件を元にした映画が封切りされた。

天城山心中→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%9F%8E%E5%B1%B1%E5%BF%E4%B8%AD

no title

32: 名無しさん 2014/03/27(木)23:52:40 ID:X0er6iHQ5
コンクリ事件が胸糞すぎる

34: 名無しさん 2014/03/28(金)00:02:26 ID:phavDwFpi
>>33すいません、寝ぼけてました…訂正です


尊属殺法定刑違憲事件

尊属殺法定刑違憲事件は1973年(昭和48年)4月4日に最高裁において、刑法に規定された「尊属殺」の重罰規定が法の下の平等に反し違憲であるとの判決が下された殺人事件であり、かつ同時に最高裁判所が違憲立法審査権を発動し、既存の法律を違憲と判断した最初の判例となった。「尊属殺重罰規定違憲判決」、「栃木実父殺し事件」とも呼ばれる。

1968年10月5日、女性A(当時29歳)は実父B(当時53歳)を絞殺した。殺害の日まで被告人Aは被害者Bによって10日間にわたり自宅に監禁状態にあり、最終的に口論の末に殺害した。

旧刑法200条は被害者が被疑者の父母・祖母祖父などの直系尊属である場合における普通殺人罪の加重罪であった。その為普通殺人罪が定める法定刑に比べ、尊属殺人罪が定める法定刑は「死刑又ハ無期懲役」ときわめて重かった。

この事件において1審の宇都宮地裁は刑法旧200条を違憲とし、情状を考慮し過剰防衛であったとして刑を免除する判決を出したのに対し2審の東京高裁は同条は合憲であるとして、その上で最大限の減軽を行いかつ未決勾留期間のすべてを算入して懲役3年6月の実刑を言い渡した。

が結局終審たる最高裁判所は尊属殺重罰規定を違憲とし被告人に対し通常の殺人罪を適用し懲役2年6月、執行猶予3年を言い渡した。


尊属殺法定刑違憲事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8A%E5%B1%9E%E6%AE%BA%E6%B3%E5%AE%9A%E5%91%E9%95%E6%B2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

35: 名無しさん 2014/03/28(金)00:10:06 ID:UEGbaU1Ir
ピアノ騒音殺人事件

昭和49年に発生した団地住民同士によるピアノ騒音を原因にした殺人事件。階上の男が、ピアノを弾いていた8歳の長女、
その横にいた4歳の次女、そしてゴミ捨てから帰ってきた母の3人を刺殺した。日本における騒音を原因とする殺人事件の
第一号と考えられている。

犯人の男は以前に聴覚障害と思われる症状を起こしてから、近所の生活音による炸裂音がするような症状に悩まされており
騒音を原因として近所住民や職場での周囲との軋轢を頻繁に起こしていた。
事件現場となる団地には犯人が先に住んでおり、犯人夫婦は犯人がこのような症状を持つこともあり、生活音を出さない
ような気配りを十二分に行っていた。しかしながらそこへ被害者一家が越してくると、件の原因となるアップライトピアノ
による頻繁な演奏に加え日曜大工等での騒音などが常態化するようになった。
犯人から直接的に階下へ相談などはほとんど行わなかったようだが、当時は住民同士の騒音問題が社会問題化しはじめた
ことで団地自治会による自粛呼びかけがある程度なされていたため、間接的にはこれが功を奏したこともあったが、多少
改善した程度だった。また犯人は事件当時失業しており妻に逃げられていたため精神的に追い込まれていたということも
あった。

犯人は昭和52年に死刑が確定。減刑運動や精神鑑定などから再審請求などもあったが犯人自らが取り下げた。
なお犯人は今もって東京拘置所にて拘留中で、死刑囚では最古参となっている。

ピアノ騒音殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%94%E3%A2%E3%8E%E9%A8%E9%9F%B3%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

39: 名無しさん 2014/03/28(金)00:21:28 ID:phavDwFpi
練馬一家5人殺害事件

練馬一家5人殺害事件は1983年(昭和58年)6月27日に東京都練馬区大泉学園町で起こったバラバラ殺人事件。不動産競売の取引をめぐるトラブルから、幼い子供を含む一家5人が殺害された。

不動産鑑定士・朝倉幸治郎は東京のとある物件を購入しすぐにそれを転売しようと試みていた。

4月13日、朝倉は渋谷の不動産屋と売買契約を成立させる。値段は1億2950万円、明け渡し期限は6月30日で朝倉は内金1500万円をこの不動産屋から受け取っていた。

この物件には、もともと新宿区西早稲田にある日本洋書販売配給会社の商品管理課長の白井明(45歳)一家6人が住んでいた為立ち退き料は必要であったが、払っても1000万円の儲けにはなるはずだと見込んでいた。

朝倉は落札した直後から立ち退きの交渉を始めていたが白井が期限までに立ち退いてくれなければ、転売先に内金の倍額の違約金3000万円を払わなければならないことになる。

一日も早く立ち退いてもらいたい朝倉は、3日に一度は交渉のために白井宅を訪ねた。

しかし白井は一向に立ち退こうとする素振りを見せなかった

そんな白井に業を煮やした朝倉は遂に凶行に出てしまった。

1983年6月27日、朝倉は鑑定士は立退き交渉と偽って午後2時46分ごろに白井宅に入り込み白井の妻(41歳)・次男(1歳)をかなづちで撲殺後三女(6歳)をかなづちで殴打後扼殺し小学校から帰宅した次女(9歳)の首を手で絞めた後電気掃除機のコードで絞殺、その後午後9時半に帰宅した白井(45歳)をマサカリで切りつけ殺害、白井と妻の遺体を浴室で切断し解体した。

その後朝倉は逮捕、1996年11月14日に最高裁判所で上告棄却されて死刑が確定した。


練馬一家5人殺害事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E9%A6%AC%E4%B8%E5%AE%B65%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6




no title

42: 名無しさん 2014/03/28(金)00:31:12 ID:UEGbaU1Ir
ロボトミー殺人事件

マニラ湾の夕陽を見て俺には何の感情も湧いてこない、自分はもう人間ではないんだ、と有名な言葉を残した犯人が
昭和54年に起こした殺人事件。
犯人は昭和39年にロボトミー手術の一種であるチングレトミー手術を、被害者となった女と義母の夫である医師から
半ば強制的に施術された。
その後自分の性格が変わってしまったことに絶望し、ロボトミー手術の危険性を訴えることも目的に(犯人は元々
スポーツジャーナリスト)医師を巻き添えに無理心中を図って事件を起こそうと考えた。しかしながら、
目的の医師は帰宅せず、在宅であったその妻と母の二名を刺殺し金品を奪った。医師は結果的に無事だった。

精神鑑定が行われたが、その際に手術器具が残置されている医療過誤が発見されたものの、責任能力はありと判定さ
れた。犯人は無実か、死刑かを望んだが、無期懲役が確定するとその後自死権なるものを求めて国を訴えており
棄却されている。
1970年代になると精神外科は、多大な人権侵害を伴うものとして全世界的に行われなくなった。

ロボトミー殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AD%E3%9C%E3%88%E3%9F%E3%BC%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

43: 名無しさん 2014/03/28(金)00:33:59 ID:phavDwFpi
深川通り魔殺人事件

深川通り魔殺人事件は1981年(昭和56年)6月17日午前11時35分頃、東京都江東区森下二丁目の商店街の路上において発生した無差別殺人事件である。


昭和56年6月17日午前11時35分頃、東京・江東区森下二丁目の商店街で元寿司職人の川俣軍司(当時29歳)が、主婦のNさん(当時27歳)とベビーカに乗せていた長男(当時1歳)、長女(当時3歳)の親子連れ3人に包丁を突き刺して死亡させた。

更に、近くの酒屋店前を歩いていた女性(当時33歳)の腹部を突き刺し死亡させた。その後、二人の女性に傷害を負わせて近所の中華料理店前を歩いていた女性(当時33歳)を人質に取り、中華料理店の六畳間に篭城した。中華料理店は開店前で客は居なかった。

警察が現場に急行し、人質解放と自首を説得するが川俣は一切応じなかった。川俣は、人質の女性にメモを書かせる。メモは《電波でひっついている役人の家族をすぐ連れて来い・・・》と意味不明の内容が記載され、現場の警察に手渡された。この段階で警察は、「川俣は薬物中毒」と推定し人質救出は一刻を争うと判断した。

午後6時45分頃、川俣が隙を見せた瞬間、人質の女性が奥の調理場に逃げ込んだのを確認した警察が六畳間になだれ込み川俣を逮捕した。この時、刑事は寿司職人に変装していたため白い前掛け姿、川俣はパンツと白いソックス、口には猿ぐつわを掛けられた異様な逮捕の瞬間はテレビ、新聞で報道された。

その後、裁判で「薬物中毒による心身耗弱状態であった」として無期懲役が確定した。

警察の取り調べで川俣は「俺はサムライだから、殺された町人も幸せだろう」と供述したという。


深川通り魔殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E5%B7%9D%E9%9A%E3%8A%E9%AD%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

47: 名無しさん 2014/03/28(金)00:49:48 ID:UEGbaU1Ir
三無事件

昭和36年に起きた右翼結社が起こしたクーデター未遂事件。オウム真理教事件で有名になった破壊活動防止法の
最初の適用事件。三無は「さんゆう」と読み、無税・無失業・無戦争を主張していた。
自衛隊にいる一部豚氏の同志と呼応して国会議事堂を襲撃する計画だった。

なお関与者として7名が逮捕されているが、元陸軍少将を含む元軍人が3名、造船所社長のほかに最年少で25歳の
青年が二名いた。
一名はのちに千葉県市川市市議会議長を務めた男で平成18年に死去。
もう一名は、過日朝鮮総連本部ビルを競売の上落札した真言宗法主。この男は永田町では怪僧として知られており
安倍首相とも親交がある上、九州の指定暴力団との密接な関係を取りざたされている。またこの男が住職を務める
寺には金日成主席観世音菩薩なるものが鎮座している。

三無事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%E7%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

49: 名無しさん 2014/03/28(金)00:54:01 ID:phavDwFpi
津山事件

津山事件(津山三十人殺しとも)は1938年(昭和13年)5月21日未明に岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。

日本刀と猟銃を用いて二時間余りの間に31人の命を奪い3人に重軽傷を負わせた。これは犠牲者の数でオウム真理教事件を上回る数字であり日本の犯罪史上最悪の殺戮事件である。

1938年5月20日、犯人の都井睦雄は電柱によじ登り送電線を切断、貝尾集落のみを全面的に停電させる。しかし村人たちは停電を特に不審に思わずこれについて電気の管理会社への通報や原因の特定などを試みることはなかった。

翌5月21日1時40分頃都井は行動を開始する。詰襟の学生服に軍用のゲートルと地下足袋を身に着け、頭にははちまきを締め小型懐中電灯を両側に1本ずつ結わえ付けた。

首からは自転車用のナショナルランプを提げ、腰には日本刀一振りと匕首を二振り手には改造した9連発ブローニング猟銃を持った。

都井は最初に、自宅で就寝中の祖母の首を斧ではねて即死させた。その後近隣の住人を約1時間半のうちに次々と改造猟銃と日本刀で殺害していった。

犯行があらかた終わると遺書用の鉛筆と紙を借りるために隣の集落へ赴きそこで鉛筆と紙を受け取ると荒坂峠の山頂で一人猟銃を用い自●した。


津山事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E5%B1%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6







no title

54: 名無しさん 2014/03/28(金)01:08:09 ID:phavDwFpi
敦化事件

敦化事件は1945年8月27日に満洲国吉林省敦化でソ連軍によって連日に渡り集団強姦され続けていた日満パルプ製造敦化工場の女性社員や家族が集団自決した事件。

1945年8月15日に日本はポツダム宣言を受諾し終戦を迎えるがそれによって全ての戦闘行動が停止された訳ではなかった。

終戦後の8月22日、ソ連軍は日満パルプ製造敦化工場に進駐した。

ソ連軍は社宅に侵入すると1時間以内に社宅の一角を引き渡すよう要求し従業員の女性2人を引きずり出すとジープで社宅から連れ去った。

数時間後に拉致された女性がぼろぼろになって社宅に帰ってきたが、もう一人の若い娘は強姦された後に牡丹江に流され行方不明となった。

その後もソ連軍人たちによる強姦や輪姦は収まらず、ついにそんな状況に嫌気が差した女性従業員たちが青酸カリや剃刀などを用いて集団自決を図った。


敦化事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%E5%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

55: 名無しさん 2014/03/28(金)01:10:01 ID:UEGbaU1Ir
世田谷小学校「9」の字事件

昭和63年に世田谷区立砧南中学校のグラウンドで起きた、机を「9」の字に並べた事件。
結論から言うと、犯人は9人のチンピラで、9の字の意味は主犯の男曰く「数字で一番大きい
字であり好きだったから」という程度のものだった。
主犯の男は同中学の卒業生で、犯人グループの一部も卒業生だった。なお、9の字のデザイン
は信州大に通う卒業生の一人が行っており、作成には9名で3時間かかった。なお盗まれたもの
は無く、使用された机には元の持ち主の生徒のものが律儀にも置かれていた。

この事件の特異な部分は真相部分ではなく、この事件が未解決の2か月の間に起きたマスコミを
中心とした分析や推理が盛んに報道されたことや、模倣事件の発生による部分が大きい。
犯人ではない差出人不明のものから中学校あてに「日本帝国主義革命連合軍・別動・黒い九月
一派」なる者から犯行声明が届き、その犯行文には当時問題となっていた近藤真彦母遺骨盗難
事件との絡みもほのめかされるなど、周辺状況は拡大の一途をたどった。

机「9」文字事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%BA%E3%8C9%E3%8D%E6%87%E5%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

56: 名無しさん 2014/03/28(金)01:10:28 ID:UEGbaU1Ir
世田谷小学校「9」の字事件 
 ↓訂正
世田谷中学校「9」の字事件

58: 名無しさん 2014/03/28(金)01:17:48 ID:phavDwFpi
日本航空123便墜落事故

日本航空123便墜落事故は1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京発大阪行123便ボーイング747SR-46が群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根に墜落した事故である。

運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書によると乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者(負傷者)は4名であった。

死者数は日本国内で発生した航空機事故では2013年12月の時点で最多であり単独機の航空事故でも世界最多である。

夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。特にこの事故を指して『日航機墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。

著名人としては『上を向いて歩こう』で有名な坂本九や、元宝塚歌劇団の北原遥子、阪神タイガース球団社長であった中埜肇などがこの事故で亡くなった。


日本航空123便墜落事故→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%E6%9C%AC%E8%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%BD%E4%BA%8B%E6%85#.E8.91.97.E5.90.8D.E4.BA.BA.E3.82.84.E3.81.9D.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82.E8.80.85



no title

61: 名無しさん 2014/03/28(金)01:35:56 ID:phavDwFpi
あさま山荘事件

あさま山荘事件は1972年(昭和47年)2月19日から2月28日にかけて、長野県北佐久郡軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」において連合赤軍が人質をとって立てこもった事件。

日本の新左翼組織連合赤軍のメンバー5人(坂口弘、坂東國男、吉野雅邦、加藤倫教、加藤元久)が浅間山荘の管理人の妻(当時31歳)を人質に立てこもった。山荘を包囲した警視庁機動隊及び長野県警察機動隊が人質救出作戦を行うが難航し死者3名、重軽傷者27名を出した。

10日目の2月28日に部隊が強行突入し人質を無事救出、犯人5名は全員逮捕された。人質は219時間監禁されており警察が包囲する中での人質事件としては日本最長記録である。

酷寒の環境における警察と犯人との攻防、血まみれで搬送される隊員、鉄球での山荘破壊など衝撃的な経過がテレビで生中継され注目を集めた。2月28日の総世帯視聴率は調査開始以来最高の数値を記録し18時26分には民放・NHKを合わせて視聴率89.7%に達した。

また同日のNHKの報道特別番組は平均50.8%の視聴率を記録した。

これは事件から40年以上が経過した現在でも、報道特別番組の視聴率日本記録である。


あさま山荘事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%E3%95%E3%BE%E5%B1%B1%E8%8D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

62: 名無しさん 2014/03/28(金)01:41:24 ID:UEGbaU1Ir
戸田一家殺害事件

昭和45年埼玉県戸田市で起きた一家4人の惨殺事件。
犯行現場のあまりのむごたらしさから強烈な怨恨によるものと当初考えられていたが、犯人は
異常性欲者であった。被害者の頭は鉈のようなもので頭蓋陥没の上、脳が減刑をとどめていな
かった。また被害者である妻には精液が付着していた。

犯人は一家主人の弟だった。犯行理由は「ムラムラしてやりました」。
兄一家を薪割りで滅多打ちにした後、瀕死の兄嫁を強姦。ときどき中断しては身もだえる被害者
達を再度滅多打ちにするというありさまだった。強姦中に兄嫁の肉を食べたくて切り取る刃物を
探したがついに見つからず、食べることは叶わなかった。滅多打ちと屍姦を繰り返すうち疲労し
て、朝になり薪割りを近くのどぶ川へ捨てて寄宿先へと何食わぬ顔をして帰った。
ちなみにこの薪割りの発見が即犯人逮捕につながった。

取り調べ時の刑事と犯人のやり取りで、「おまえ、セッ●スのことしか頭にないのか」と言われ、
「はい」と頷いた。
裁判時の裁判長と犯人のやり取りで、
「犯行のあと肉を食べなかったのが残念で仕方ないと供述書にあるが、これは本当かね」
「はい」
「いまでもそう思っているのかね」
「はい、そう思っています」
という問答もあった。
 精神鑑定結果には
「意志薄弱性、無情性の精神病質。さらに情性欠如の特徴がみられ、われわれ精神医学者から見て
もまれに見る異常人格であり、怪物といっても差し支えない」
となっていた。

判決は死刑。なお戦後死刑判決を控訴しなかった者は2名いるが、彼がその一人。
昭和51年刑執行。

※本件はWiki記事なし。またWEB上には関連写真等ありませんでした。

63: 名無しさん 2014/03/28(金)01:43:29 ID:phavDwFpi
三菱銀行人質事件

三菱銀行人質事件は1979年(昭和54年)1月26日に三菱銀行北畠支店(現三菱東京UFJ銀行北畠支店)に猟銃を持った男が押し入り客と行員30人以上を人質にした銀行強盗および人質・猟奇殺人事件。実行犯の名前から梅川事件とも呼ばれる。

1979年(昭和54年)1月26日に犯人の梅川昭美は三菱銀行北畠支店に銀行強盗目的で侵入。客と行員30人以上を人質として立てこもり、警察官2名・行員2名の計4名を射殺した後女性行員を裸にしてバリケード代わりに並ばせるなどした。

大阪府警察本部は梅川に投降するよう交渉を続けたが事件発生から42時間後の1月28日、SATの前身である大阪府警察本部警備部第2機動隊・零(ゼロ)中隊により梅川は射殺され、最終的に事件解決するに至った。


三菱銀行人質事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%E8%8F%B1%E9%8A%E8%A1%8C%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


戦後日本の人質事件が犯人射殺という形で解決した事件は1970年の瀬戸内シージャック事件、1977年の長崎バスジャック事件とこの事件の3つだけであり三菱銀行人質事件以降平成期においては存在しない。




no title

108: 名無しさん 2014/03/28(金)08:39:43 ID:YaEIWnqiC
>>63
当日写真撮りにいったわw
一週間後シャッター前に花束置いてる構図写しにいった時に、
シャッターに穴開いてたからバス停から灰皿持ってきて上に乗って中覗いたら
観葉植物と梅川が座っていた支店長席が遠くに見えて感動したw

110: 名無しさん 2014/03/28(金)09:20:45 ID:D83fbn2Iu
>>108
いくつだよwwwww

64: 名無しさん 2014/03/28(金)01:46:17 ID:DlVsODri4
こうしてみると昭和ってヤバい事件多いな
もしかして日本は治安よくなってるんじゃね?

70: 名無しさん 2014/03/28(金)01:52:23 ID:phavDwFpi
リクルート事件

リクルート事件は1988年(昭和63)に発覚した、情報関連企業のリクルート社が株式譲渡の形で政・官・財界要人に巨額の贈賄を行った大疑獄事件。


リクルート社は1984年12月,子会社のリクルートコスモス社の未公開株約125万株を79名に,86年7‐9月には同76万株を65名に譲渡し同株の店頭公開(1986年10月)直後の値上がりにより受領者側が合計66億7000万円の利益を得たとされ,その額はロッキード疑獄(ロッキード事件)の3倍にのぼる。戦後最大の贈収賄事件とも。

この事件の影響で従来ポスト竹下と目されていた安倍晋太郎や宮澤喜一、渡辺美智雄といった政治家は竹下登首相退陣後の総理・総裁に名乗りを上げることができず、竹下退陣後は短命の宇野宗佑政権を経て58歳と比較的若い海部俊樹が総理・総裁となり、結果的に世代交代を促すことになった。


リクルート事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AA%E3%AF%E3%AB%E3%BC%E3%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

72: 名無しさん 2014/03/28(金)02:07:10 ID:phavDwFpi
名古屋アベック殺人事件

名古屋アベック殺人事件は1988年(昭和63年)2月23日から25日にかけ愛知県名古屋市緑区において理容師と理容師見習いの男女2名が犠牲となった強盗殺人・集団強姦事件。「大高緑地公園アベック殺人事件」とも。

とても非人道的で残忍な手口と身勝手な犯行動機で日本中を震撼させた事件。

犯人グループ計6名の大半が未成年であったことから少年法改正に多大な影響を与えた事件でもある。


1988年2月23日未明大高緑地公園の駐車場に車を停車していた理容師(男性)と理容師見習い(女性)は突然2台の車に退路を塞がれた。


2台の車に乗っていたのはとび職A(当時19歳)、唯一の成人B(当時20歳)、とび職C(当時17歳)、無職D(当時18歳)、無職E子(当時17歳)、無職F子(当時17歳)の6人であった。


6人は日頃から「バッカン」と称してアベックを襲っては金品を奪っており、この日も名古屋市港区の金城埠頭で2台の車を襲い、計8万6000円余りを奪っていた。勢いづいた6人はさらにデートをしているアベックの車を物色。大高緑地公園の駐車場で理容師見習い所有の車に狙いを定めた。


少年らは公園で暴力の限りを尽くすと二人を誘拐し連れ去り、愛知郡長久手町の卯塚公園墓地において男性理容師をまず殺害。


続いて女性の理容師見習いの首にビニールロープを巻き付けると力いっぱい締め上げ女性を絞殺した。


名古屋アベック殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%A2%E3%99%E3%83%E3%AF%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


no title

73: 名無しさん 2014/03/28(金)02:21:24 ID:phavDwFpi
連続企業爆破事件

連続企業爆破事件は1974年(昭和49年)8月から1975年(昭和50年)5月にかけて起きた事件。

東アジア反日武装戦線と呼ばれる武闘派左翼テロリストグループが日本国家をアジア侵略の元凶とみなし、アジア侵略に加担しているとされた企業に対し断続的に爆破事件を起こした。

1974年8月30日の三菱重工ビル爆破(三菱重工爆破事件)や1974年11月25日の帝人中央研究所爆破(帝人中央研究所爆破事件)など数多くの企業の爆破事件に関わったとされる。


連続企業爆破事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%E7%B6%9A%E4%BC%E6%A5%AD%E7%86%E7%A0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

145: 名無しさん 2014/03/28(金)14:47:48 ID:1cj5gBrY8
>>73
これこの間仰天ニュースでやってたな
ほんと胸糞悪いわ

74: 名無しさん 2014/03/28(金)02:21:50 ID:UEGbaU1Ir
二又トンネル爆発事故

昭和20年11月米軍が、旧日本軍が当時未成線であった国鉄日田彦山線二又トンネル内に隠していた
爆薬を爆破処理しようとして、処理に失敗、大爆発を起こして周囲を巻き込み死者147人負傷者
149人を出した事故。

当時彦山駅以南が建設中であった日田彦山線内の二又トンネルおよび吉木トンネルを、旧日本軍が
空襲の恐れのない場所として、火薬庫として指定した。結果的に二又トンネルには532トン余りの
爆薬が保管されることとなったが、そのまま終戦を迎え米軍の処理対象となった。
米軍はこれを焼却処分とすることに決め事故当日は警察をともなって当時責任者だった米軍少尉が
実地の指揮を執った。まず少尉は吉木トンネルにて現場を見て点火しても問題ない旨とそれを確認
するために少量の火薬に点火してそれを確認すると下士官に点火させて周辺住民には避難を命じた。
次に同様に二又トンネルでも点火作業を行った。
しかしながら、吉木トンネルと違い格納率が非常に高かった二又トンネルでは同様の処理には問題
があり、点火後火薬を燃やす炎が想定を越える大きな炎となった。現場から100m離れた民家
がトンネル出口から発せられる炎により延焼するほどで火が次々と燃え広がってしまった。
そして点火から二時間後、轟音とともに大爆発を起こしトンネル上部の山体を完全に吹き飛ばして
大量の土砂を舞い上がらせ、消火活動をしていた住民や、現場近くでドングリ採集などをしていた
小学生29名、彦山駅で炎の状況を見物しながら列車を待っていた十数名など多大な人的被害をもた
らした。なお爆破時刻前後に彦山駅に到着する予定だった列車は駅員が状況を見て急いで駅手前で
食い止め乗客、列車とも無事だった。

戦後の混乱期であったこともあり、本件は一般には広く知られなかった。本件は処理を行った米軍
に多大な過失があるものとして国家賠償請求が行われたが、最終的に国の敗訴が確定、また当時指
揮にあたった米軍少尉は軍法会議で不名誉除隊処分となった。

二又トンネル爆発事故→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8F%E3%88%E3%B3%E3%8D%E3%AB%E7%86%E7%BA%E4%BA%8B%E6%85

no title

76: 名無しさん 2014/03/28(金)02:32:30 ID:phavDwFpi
北陸トンネル火災事故

北陸トンネル火災事故は1972年(昭和47年)11月6日未明に福井県敦賀市の北陸本線敦賀駅?南今庄駅間にある北陸トンネルで発生した列車火災事故。火災対策の不備により乗客乗員に多数の死傷者を出す大惨事となった。


1972年11月6日午前1時9分頃、北陸トンネル内を走行中の大阪発青森行き501列車 「きたぐに」の食堂車の喫煙室椅子下から火災が発生。


それに気付いた乗客からの通報を受けた車掌の非常ブレーキ操作と機関士の非常停止措置により列車は運転規定に基づいて直ちに停車した。


しかし炎の予想外の激しさとトンネル内の暗闇で作業は難航。また深夜の火災ということもあって多くの乗客が逃げ遅れ煙に巻かれた。


この事故を教訓に地下鉄や長大トンネルを走る車両の難燃化・不燃化の基準やトンネル内での火災発生時におけるマニュアルの改訂がなされ車両の防火対策が進められることとなった。



北陸トンネル火災事故→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%E9%B8%E3%88%E3%B3%E3%8D%E3%AB%E7%AB%E7%BD%E4%BA%8B%E6%85


no title

78: 名無しさん 2014/03/28(金)02:40:59 ID:UEGbaU1Ir
青酸コーラ無差別殺人事件

昭和52年に起きた青酸カリを混入したコカ・コーラの瓶を電話ボックスなどにおいて無差別に殺人が行われた
未解決事件。
第一の事件は品川の国道上で、新幹線ビュッフェで働くグループの一人が寮への帰宅後、電話ボックスで拾った
コーラを飲み死亡。
第二の事件は、第一の事件と同日に電話ボックスから数百メートル離れた歩道上で中年の男が倒れているのが
見つかり、その後死亡。
その後警察の捜査で品川区内で青酸カリが混入されたコーラの瓶が発見された。

犯人捜しの捜査で分かったことは、
・以前にも何度かコーラ瓶が事件周辺地域にて目撃されていること
・私用された毒物は周囲に点在するメッキ工場で使用されていたものであろうこと
・コーラはコカ・コーラの多摩工場製で前年に製造されたものであること
までで、この後は行き詰った。

犯人は逮捕されなかったが、日本において社会に与えた影響は大きく、直接的に模倣犯という形で同類の事件が
繰り返され、「道に落ちていたりするものは食べたり飲んだりしない」「青酸カリという怖い毒物が存在する」
ということを国民の脳裏に植え付けた。

青酸コーラ無差別殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%E9%B8%E3%B3%E3%BC%E3%A9%E7%A1%E5%B7%AE%E5%A5%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


no title

80: 名無しさん 2014/03/28(金)03:04:04 ID:phavDwFpi
>>80訂正


千日デパート火災

千日デパート火災は1972年(昭和47年)5月13日、大阪市南区(現在の中央区)千日前の千日デパートで起きた火災。

死者118名・重軽傷者78名を出す日本のビル火災史上最悪の大惨事となった火災事故。


1972年(昭和47年)5月13日、下階店舗が閉店した直後の22時27分頃3階婦人服売り場より出火。延焼は5階までだったが、建材の燃焼による有毒ガスが階上に充満し、避難設備の不備と従業員の不手際が重なって多数の死傷者を出す惨事となった。


出火原因は電気工事関係者のたばこの不始末で、出火場所は3階フロアーの南東角の部分であったという。逃げ道であるはずの階段室が煙突の役目を果たし営業中であった7階のキャバレーにまで煙が充満。しかも土曜日で休みの前日に当たり店内には客が多かったこともあって被害がより大きくなってしまった。


また真偽は定かではないがあの「マネキン」の写真はあまりにも有名


千日デパート火災→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%E6%A5%E3%87%E3%91%E3%BC%E3%88%E7%AB%E7%BD


no title

81: 名無しさん 2014/03/28(金)03:11:33 ID:UEGbaU1Ir
飛騨川バス転落事故

昭和43年岐阜県白川町の国道41号線において、乗鞍岳へ向かっていた観光バス2台が折からの集中豪雨
によって発生した土砂崩れに巻き込まれ、進行方向右岸の飛騨川へ転落した。さらに増水した川に
よって救助を阻まれ最終的に104名の死者、日本バス事故史上最悪の事故となった。

本件は、当初企図されていた名古屋市内で募集されたバスツアーのバス15台に750名が便乗して挙行さ
れたうちの2台107名が遭難したもの。
当日は台風7号の影響で事故現場は毎時50?以上という猛烈な豪雨となっていたため、一旦引き返して
南下していた。この最中に災害時の最危険地帯である現場に通りかかり、土砂崩れで前後を阻まれ
完全に停滞してしまい、午前二時ごろ運悪くダンプカー250台分の土石流が発生、バス2台が巻き込まれた。
転落を免れた者たちが近くにある上麻生ダムへ徒歩で土砂崩れを乗り越えて事故の一報をもたらし、
翌日から救助活動が始まった。
転落現場付近で遺体が収容されるが転落したバスの救助ができないため、上麻生ダムの放流を停止
させて救助を行う策が取られた。このダムの放流停止は洪水調節機能をもたないダムでは、堤体決壊
の危険性を持つ異例中の異例の行為。この措置が取られたのは、本件同様有名な玄倉川水難事故
で玄倉ダムを放流停止した際との二回のみである。
転落したバスは見る影もなく大破、遺体の収容は困難を極め下流ダム湖の貯水放流や伊勢湾まで捜索
の手が広げられた。最終的には9名の遺体が見つからず、生き残った者は転落時に幸運にも窓から投げ
出され樹木などに引っかかった3名だけだった。

なお、のちの本件の損害賠償訴訟の過程において、自賠責の責任証明は完全に無責であると証明できた
場合のみ適用される、と判断されることとなった。

飛騨川バス転落事故→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E5%B7%9D%E3%90%E3%B9%E8%BB%A2%E8%BD%E4%BA%8B%E6%85

no title

82: 名無しさん 2014/03/28(金)03:32:51 ID:phavDwFpi
ハプニング解散

ハプニング解散は1980(昭和55年)年5月19日の衆議院解散。

時の大平内閣に対する野党の不信任案を巡り自民党内の反主流派は同調するか否かで混乱し膨大な議論を重ねたにも関わらず結局結論にはたどり着けなかった。


そこで反主流派は議長に本会議の更なる延長を申し入れるが議長がこれを良しとしなかった為に三木派や福田派などの反主流派が本会議を欠席。


これにより内閣不信任決議案は賛成243票・反対187票で1953年以来27年ぶりの可決となった。


不信任可決を受けて大平内閣は閣議で衆議院解散を決定。3日後の5月19日に灘尾議長が本会議を開かずに議長応接室に各会派の代表を集め解散詔書を朗読し、前回の選挙からわずか7ヶ月余で衆議院は解散となった。

内閣不信任決議可決当日に衆議院を解散しなかったのはこの時だけである。

内閣は6月22日の参院選と同時に衆院選の投票を実施することを決め史上初の衆参同日選挙となった。

野党は不信任案が可決されることを予測しておらず、自民党内の反主流派も戦略なく行き当たりばったりで本会議を欠席し結果として解散に至ったため「ハプニング解散」と呼ばれる。


ハプニング解散→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8F%E3%97%E3%8B%E3%B3%E3%B0%E8%A7%A3%E6%A3

no title

83: 名無しさん 2014/03/28(金)03:34:32 ID:UEGbaU1Ir
徳島ラジオ商殺人事件

昭和28年に発生したラジオ商店主が被害者となった強盗殺人事件。現時点では未解決とされている。
事件そのものよりも、もっとも有名な冤罪事件の一つであり、警察の暗部が浮き彫りとなった事件でもある。

事件の経緯は下記の通り。
早朝に店主が殺害、のちに犯人として逮捕される内縁の妻も負傷する。
警察は市内の暴力団関係者二名を逮捕するが証拠がなく不起訴となる。その後、ラジオ商の住み込み店員を
逮捕し不適切な誘導尋問により内縁の妻が犯人であるかのように供述させ、内縁の妻を逮捕した。
内縁の妻は無実を訴え、高裁まで争うが裁判費用が出せず上告を断念。しかしその直後に住み込み店員だった
男が偽証を告白するも、検察から犯人親族に脅されてそのように告白したと一方的に発表される。さらに本件
の真犯人を名乗る者が警察に自首するも、不起訴処分。犯人とされた女は服役の後、支援者とともに再審請求
を行うが昭和54年にがんのため死去した。
その6年後、6回目の再審請求で再審開始が決定され、女の死後から6年後の昭和60年に無罪判決が出された。

本件が発生した前後は多くの有名な冤罪事件が発生しており、戦後の混乱期であったことを差し引いても日本
の捜査当局が当時は自白を主眼に置いた思い込みによる非科学的な捜査に頼っていたことや、その後の身内に
対する隠ぺい体質ともいえる組織構造を露呈した。

徳島ラジオ商殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E3%A9%E3%B8%E3%AA%E5%86%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

90: 名無しさん 2014/03/28(金)03:58:44 ID:phavDwFpi
昭和天皇誤導事件

昭和天皇誤導事件は1934年(昭和9年)に群馬県で行われた陸軍大演習において視察に訪れた昭和天皇一行の先導をしていた警部が緊張のあまり道を誤ってしまい、天皇一行が一時行方不明になったと大騒ぎになった警察の失態事件。


昭和9年(1934年)11月16日、昭和天皇臨席のもと陸軍大演習が群馬県の高崎練兵場で行われた。観兵式に出席した後昭和天皇一行が群馬県桐生市を視察することになっていた。


予定された視察順序は「桐生駅 - 桐生西小 - 桐生高工」となっていた。地元住民は「現人神」である天皇を迎えるために1年前から予行演習を重ねており、出迎える際はひざまづくようにと指示されていた。


こうした非日常の光景の中、先導役の本多重平警部は左折すべき末広町交差点を直進する過失を犯してしまった。そのため視察の順序は桐生高工 - 桐生西小と全く逆になり、先に昭和天皇が訪問するはずだった桐生西小では天皇御一行が行方不明になったと大騒ぎになった。


警察はこの事態を非常に重く見、後日関係者を処分した。



昭和天皇誤導事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%E5%8C%E5%A4%A9%E7%9A%E8%AA%A4%E5%B0%8E%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

92: 名無しさん 2014/03/28(金)04:09:09 ID:UEGbaU1Ir
小松川女子高生殺人事件

昭和33年に東京で起きた女子高生への強姦殺人事件。本件は犯人逮捕後にさらに一件の婦女暴行殺人事件が
発覚する。犯人は在日朝鮮人で高校の同級生だった男である。
本事件は凶悪な連続婦女暴行殺人というだけでなく、在日朝鮮人に対する差別に絡めた助命嘆願運動との
関連性という二面性を持つ。

女子高生が行方不明後、犯人が自ら新聞社へかけた電話が下記のような内容である。
「特ダネを提供するよ。俺が家出した女を殺したんだ。被害者は江戸川区の○○というんだ。死体は小松川
高校の横穴の中にある」
「小松川高校のどこですか」
「穴があるだろう、その穴の中だ」
電話に応対した記者が言われた名前の住所を訪ねると、果たして行方不明となっていた。捜索願が出されて
いるものの警察がこの電話内容を元に捜索するも発見できない。今度は警察に直接犯人から電話。
「○○を捜しているんだろう。それは小松川高校の屋上で殺されている。死体は穴の中だ」
「あなたはどなたですか」
「俺は犯人だ」
電話のとおり屋上から腐乱死体となった若い女性の死体を発見した。その後警察あてに遺留品が郵送されて
きたり新聞社にはその後の反響を楽しむような電話がかかってきた。
新聞社員と30分もの間得意げにしゃべり続けてる間に電話局が逆探知に成功、警察が公衆電話に向かったが
間一髪で姿がなかった。しかし周辺住民の目撃情報が残ったこと、犯人の声がラジオで公開されたことから
情報が多数あつまり、事件発覚から10日後に当時18歳だった少年が逮捕された。
また電話で話している最中に暴露したもう一件の殺人事件について、警察は犯人が以前に書いた小説(この
小説は件の新聞社へ投稿し落選している)の内容から特定し、取調中に追及したところこれも白状した。
犯人は取り調べや裁判当初時は夢のようで自分のことのような気がしない、などと述べている。

この後、裁判が進むにあたり、事件当時18歳だった犯人を少年法で裁くか、刑法で裁くかが問題となったが
犯した罪の内容と、18歳という年齢から少年法の適用外とされることが早期に確定した。

また、死刑が確定したのち、戦後俄かに台頭した朝鮮人差別問題と絡められ文化人による助命嘆願運動が
起きた。犯人である当の本人は当初については自己の犯罪について上記のような感想しか持っていなかった
が、外野で発生したこのような運動にのちに呼応するようになり急激に民族的意識を芽生えさせはじめ、
人間的な贖罪の心を見せるに至るようになった。模範囚となり、作業で得た金銭を両親に送金し、送って
もらった聖書などを熟読していたという。

しかしながら罪の重さや確定した刑が消えるはずもなく、昭和36年に死刑は執行された。

小松川事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%B7%9D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

93: 名無しさん 2014/03/28(金)04:18:21 ID:phavDwFpi
三島事件

三島事件は1970年(昭和45年)11月25日に三島由紀夫が憲法改正のため自衛隊の決起を呼びかけた後に割腹自●をした事件。


970年(昭和45年)11月25日の午前10時58分頃三島由紀夫は楯の会のメンバー(森田必勝、小賀正義、小川正洋、古賀浩靖)と共に東京都新宿区市ヶ谷の自衛隊駐屯地陸上自衛隊東部方面総監部二階の総監室を訪問。

総監を人質に取るとバルコニーに姿を現し有名な「三島演説」を行った。

演説を終えると再度総監室に戻り最期は割腹自●を図りその生涯を終えた。


ノーベル文学賞候補と言われた彼の一連の騒動は社会に大きな影響を及ぼした。



三島事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6







no title

95: 名無しさん 2014/03/28(金)04:38:57 ID:UEGbaU1Ir
さすがに寝るわ。
自分の知ってること晒すのは楽しい罠。

96: 名無しさん 2014/03/28(金)04:57:41 ID:FEcPInTdL
確か死のう死のう団も昭和だったよな

98: 名無しさん 2014/03/28(金)07:19:11 ID:kiodh8pKg
1乙
知らなかった事件がたくさんあったわ

100: 名無しさん 2014/03/28(金)07:58:02 ID:phavDwFpi
五・一五事件

五・一五事件は1932年(昭和7年)5月15日に日本で起きた反乱事件。


武装した大日本帝国海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入し内閣総理大臣犬養毅を殺害した。

当時の日本は議会制民主主義が根付き始めたが1929年(昭和4年)の世界恐慌に端を発した大不況で企業の倒産が相次ぎ、社会不安が増していた。1931年(昭和6年)には関東軍の一部が満州事変を引き起こしたが政府はこれを収拾できずかえって引きずられる形だった。

犬養政権は金輸出再禁止などの不況対策を行うことを公約に1932年(昭和7年)2月の総選挙で大勝をおさめたが、一方で満州事変を黙認し陸軍との関係も悪くなかった。

しかし、1930年(昭和5年)ロンドン海軍軍縮条約を締結した前総理若槻禮次郎に対し不満を持っていた海軍将校は、若槻襲撃の機会を狙っていた。

ところが、立憲民政党(民政党)は大敗、若槻内閣は退陣を余儀なくされた。

これで事なきを得たかに思われたがそうではなかった。計画の中心人物だった藤井斉が「後を頼む」と遺言を残して中国で戦死し、この遺言を知った仲間が事件を起こすことになる。


五・一五事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%E3%BB%E4%B8%E4%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

101: 名無しさん 2014/03/28(金)08:06:02 ID:phavDwFpi
市川一家4人殺人事件

市川一家4人殺人事件は1992年3月5日に千葉県市川市で発生した当時19歳の未成年者による殺人事件である。

1992年2月中旬、少年(当時19歳)は、フィリピン人のホステスと性的関係を持ったことにより、暴力団関係者から200万円を要求されていた。工面に困った少年は、その数日前に交通事故で轢き強姦した女子高校生のA子(当時15歳)の自宅があった、営団地下鉄(現東京メトロ)東西線行徳駅の南東約2kmの新興住宅街に位置するマンションに強盗目的で押し入る事にした。

3月5日午後4時30分頃、少年は少女一家の部屋に押し入り、現金8万円を奪った後A子の祖母を絞殺。


その後、帰宅したA子を監禁し、午後7時頃に帰宅したA子の母親を刺殺。A子を強姦した後、午後9時頃に帰宅したA子の父親の雑誌下請け会社社長を殺害、預金通帳を奪う。


翌6日午前6時頃、A子の妹(当時4歳)を刺殺。


同日午前9時過ぎ、A子から電話を受けたA子の父親の会社から「様子がおかしい」と近隣の千葉県警葛南警察署行徳派出所に通報が入り、隣の部屋から侵入した同派出所の警察官が駆けつけて少年を逮捕し、A子を保護した。


2001年12月3日に最高裁判所で死刑が確定。


未成年者に死刑が言い渡され刑が確定するに至ったのは、永山則夫連続射殺事件の永山則夫以来であった。


市川一家4人殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%E5%B7%9D%E4%B8%E5%AE%B64%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


no title

103: 名無しさん 2014/03/28(金)08:18:47 ID:phavDwFpi
第一次石油危機

第一次石油危機1973年(昭和48年)に起こった、原油の供給逼迫および価格高騰と、それによる世界の経済混乱。

1973年10月6日に第四次中東戦争が勃発。これを受け10月16日に石油輸出国機構 (OPEC) 加盟産油国のうちペルシア湾岸の6ヶ国が、原油公示価格を1バレル3.01ドルから5.12ドルへ70%引き上げることを発表した。翌日10月17日には、アラブ石油輸出国機構(OAPEC)が、原油生産の段階的削減を決定した。

石油価格の上昇はエネルギー源を中東の石油に依存してきた先進工業国の経済を脅かした。


特に日本では1960年代以降にエネルギー革命を迎えエネルギー源を石油に置き換え、ニクソン・ショックから立ち直りかけていた景気を直撃。


前年からの列島改造ブームによる地価急騰で急速なインフレーションが発生していたが石油危機により相次いだ便乗値上げなどによりさらにインフレーションが加速されることとなった。


日本の消費者物価指数で1974年(昭和49年)は23%上昇し「狂乱物価」という造語まで生まれた。インフレーション抑制のために公定歩合の引き上げが行われ、企業の設備投資などを抑制する政策がとられた。結果、1974年(昭和49年)は-1.2%という戦後初めてのマイナス成長を経験し、高度経済成長がここに終焉を迎えた。


オイルショックの影響で人々がトイレットペーパーを求めスーパーに殺到している写真は誰もが一度は目にしたことがあるはず。


第一次石油危機→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AA%E3%A4%E3%AB%E3%B7%E3%A7%E3%83%E3%AF#.E7.9F.B3.E6.B2.B9.E5.8D.B1.E6.A9.9F.E3.81.AE.E4.B8.8E.E3.81.88.E3.81.9F.E5.BD.B1.E9.9F.BF


no title

104: 名無しさん 2014/03/28(金)08:25:00 ID:LRGbjwxeA
成田闘争は面白い。

109: 名無しさん 2014/03/28(金)08:44:26 ID:phavDwFpi
パリ人肉事件

パリ人肉事件1981年(昭和56年)フランスで起こった猟奇殺人事件。犯人である日本人留学生、佐川一政が知人女性を射殺し、死姦後にその肉を食べたというもの。


1981年6月11日、フランスのパリに留学していた日本人留学生佐川一政(当時32歳)が友人のオランダ人女性留学生(当時25歳)を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺した。


佐川は衣服を脱がせ屍姦したあと遺体の一部を生のまま食べ、また遺体を解体し写真を撮影して遺体の一部をフライパンなどで調理して食べた。


6月13日、残った遺体をスーツケースに収めブローニュの森の池に捨てようとしたところを目撃され逃亡。目撃者が遺体を発見し警察に通報し2日後に逮捕された。


佐川は犯行を認め裁判では心身喪失であったとして不起訴処分で無罪となり、フランス国内の精神病院に入院する。


退院後、出版した書籍が大ヒット。現在では作家やコメンテーターとして時々公に姿を見せ、また人肉を食したいとの発言もしている。



パリ人肉事件→http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1395926269/l50

no title

114: 名無しさん 2014/03/28(金)09:48:10 ID:PrsPXicXM
>>109
事件内容も写真もヤバイw

117: 名無しさん 2014/03/28(金)10:18:38 ID:FEcPInTdL
>>116
この犯人の父親、シベリアに抑留されて伊藤忠に入社して頑張って子会社を建て直してる最中に事件を起こされ、
息子が釈放されたとおもったら事件で商売はじめて借金こさえられて脳梗塞になった上に会社クビ、最後は死に目にも息子が来ないとか悲惨すぎる

121: 名無しさん 2014/03/28(金)10:37:35 ID:sbTx5PfbU
佐川一政インタビュー
http://youtu.be/gx0CZ3bpAbc


119: 名無しさん 2014/03/28(金)10:31:07 ID:phavDwFpi
三河島事故

三河島事故は1962年(昭和37年)5月3日21時37分頃、東京都荒川区の日本国有鉄道常磐線三河島駅構内で発生した列車脱線多重衝突事故。「国鉄戦後五大事故」の一つ。


常磐線三河島駅構内で、貨物線から進行方向右側の下り本線に進入しようとした貨物列車が出発信号機の停止信号を行き過ぎて安全側線に進入し脱線。先頭の機関車とタンク車が下り本線上に飛び出した。


その直後に三河島駅を4分遅れで出発し下り本線を進行してきた電車が下り本線を塞いでいたタンク車に衝突。先頭車と2両目の車両が脱線し、上り本線上に飛び出した。


さらに約7分後その現場に上り電車が進入し、線路上に降りて移動中だった電車の乗客多数をはね、上り本線上に停止していた先頭車と衝突した。


これにより先頭車と2両目の前部が原形を留めず粉砕された。


結果として死者160人、負傷者296人を出す大惨事となった。


この事故を契機として、自動列車停止装置(ATS)が、計画を前倒しにする形で国鉄全線に設置されることになり、1966年(昭和41年)までに一応の整備を完了した。


また国鉄はこの事件がきっかけで保有するプロ野球球団国鉄スワローズをフジサンケイグループに売却することになった。


更にこの事故により「三河島」という地名が全国にマイナスイメージとして持たれるようになったため、1968年の住居表示施行を機に一帯の「三河島町」という町名は消滅する事態にもなった。

no title

127: 名無しさん 2014/03/28(金)11:37:40 ID:phavDwFpi
血のメーデー事件

血のメーデー事件は1952年(昭和27年)5月1日に東京の皇居外苑で発生した、デモ隊と警察部隊とが衝突した騒乱事件。事件は一部の左翼団体が暴力革命準備の実践の一環として行われたものとも。戦後の学生運動で初の死者を出した。


1952年5月1日、この日の第23回メーデーで参加したデモ隊が使用不許可とされていた皇居前広場(人民広場)に突入し、警官隊と衝突。2人が死亡した。

※メーデー・・・・毎年5月1日に行われる国際的な労働者の祭典。1886年5月1日、米国で行われた8時間労働制要求のゼネストとデモが発端となった。89年の第二インターナショナル創立大会で決定し、90年から挙行。日本では大正9年(1920)に第一回が行われ、昭和11年(1936)以降禁止されたが、同21年復活。労働祭。五月祭。

この日行進を行ったデモ隊の内、日比谷公園で解散したデモ隊の一部はその中の全学連と左翼系青年団体員に先導され、朝鮮人や日雇い労務者らの市民およそ2,500名がスクラムを組んで日比谷公園正門から出て、交差点における警察官の阻止を突破して北に向いその途中で駐留米国軍人の自動車十数台に投石して窓ガラスを次々に破壊しながら無許可デモ行進を続けた。


そして馬場先門を警備中の約30名の警察官による警戒線も突破して使用許可を受けていなかった皇居前広場になだれ込んだ。


これに対し警視庁は各方面予備隊に出動を命じ、デモ隊に応戦しようとしたがデモ隊の苛烈な攻撃に次第に耐えきれなくなりやむを得ず拳銃を発砲する事態となった。


デモ隊・警察部隊両者とも激しくぶつかり合い、流血の大惨事となった。


血のメーデー事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%E3%AE%E3%A1%E3%BC%E3%87%E3%BC%E4%BA%8B%E4%BB%B6








no title

134: 名無しさん 2014/03/28(金)12:22:25 ID:UEGbaU1Ir
横須賀線電車爆破事件

昭和48年国鉄横須賀線大船駅付近を走行中の列車内で発生した爆弾事件。1名死亡14名重軽傷。

犯人は大工の男で、動機は振られた女がデートの際によく利用していた横須賀線に時限爆弾をセットした
という単純なものだった。捜査は爆発物に使用された火薬が猟銃用の特殊な弾薬であることと、梱包に使用
していた新聞紙と土産物の箱から犯人を特定した。
犯人は裁判時に有名な草加次郎事件を持ち出し、草加次郎さえいなければこんな事件は起こさなかった、
と嘯いた。その後、犯人は死刑判決を受けたのちに信頼を寄せた牧師に従いキリスト教の洗礼を受け、歌人
となってさかんに短歌をキリスト教関係誌に投稿していた。
犯人の刑執行後20年の後、遺族によりその歌集が出版された。

本件はまた、前年に発生した山陽電鉄爆破事件や、本件直前に警視庁刑事部あてに届いた脅迫状(いずれも
本件とは無関係)から広範な捜査網を敷くに至ったが、発生当時世間は騒然とした。

なおこの本件は警察庁広域重要指定事件に指定された事件としては、唯一単独案件で指定されたものである。

横須賀線電車爆破事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E9%A0%E8%B3%E7%B7%9A%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E7%86%E7%A0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

137: 名無しさん 2014/03/28(金)13:14:46 ID:UEGbaU1Ir
「ひかりごけ」事件

昭和19年に起きた北海道の知床岬で起きた死体損壊事件。
日本において法廷で食人が罪であるか、を初めて裁いた事件である。

昭和18年12月根室港を発った7名の船員を乗せた軍徴用船は翌日に知床岬沖で大時化に遭いそのまま消息を絶った。
その後同船は不明のまま真冬の時季でもあり絶望とみられていた。ところが翌19年2月に羅臼町に住む漁民の家に一人の
男が現れた。その男は不明船の船長で、この2か月の間に流れ着いた岸の番屋にあったわずかな食糧とアザラシを捕って
食べて凌いでいたと述べた。漁民一家は真冬の知床の厳しさを知っていたため驚愕し、たちまち本件は巷間の知るところ
となって時節柄「不死身の神兵」などと祭り上げられた。
しかし同年5月に漁業を再開に来た漁民(不明船船長が寒さを凌いだという番屋の持ち主)が、番屋近く岩場にあった
リンゴ箱におさめられた白骨死体を発見した。この死体は人間の表皮や頭部を割られて脳漿が空になった頭蓋、肉が
ナイフのようなものできれいに切り取られた骨等がいっぱいに詰まっていた。この漁民は人肉食を疑い警察に届け出た。
警察は現場検証後、死体を解体して食したことは明らかとして、船長を殺人、死体損壊、遺棄容疑で逮捕するに至った。

逮捕された船長はあっさりと人肉食を認めたものの殺人については否定した。
事の経緯としては、遭難後に船から避難する為に岬に降り立ったものの折からの極寒と雪のために船長ともう一人の船員
以外とはぐれた。件の番屋を見つけてここで風よけはできたものの食糧は岸に流れ着く昆布やワカメなどしかなく、これ
を番屋に残されていた少量の味噌で味噌汁を作ってしのいでいた。やがて遭難から45日を経過したのちもう一人の船員
が体力消耗のため死亡した。船長がその船員の肉を食したのはその二日後、番屋を脱出して漁民一家にたどりついたのは
その二週間後だった。

なお、日本には食人を罰する規定はない。
そのため裁判では弁護人は無罪を主張した。また極限状態に置かれた船長が人肉を食さなければ死に至ると考えて食人を
行ったとすれば死体損壊罪についても、いわゆる緊急避難にあたると考えられ違法性が無いため無罪を主張した。
結局判決としては、犯人は食人を侵さなければ必ず死に至る、ましてやそれが同胞のものであるのであればなおのこと社会
生活の文化秩序維持の精神に悖るとして、有罪判決となった。懲役1年。

本件を有名にしたのは、武田泰淳が本件を元に執筆した小説戯曲「ひかりごけ」から、ひかりごけ事件といわれるのが
いまは一般的である。

ひかりごけ事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B2%E3%8B%E3%8A%E3%94%E3%91%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

139: 名無しさん 2014/03/28(金)14:12:46 ID:xxZhfKYtg
知らない事ばっかりだよ
昭和ってすごかったんだな

140: 名無しさん 2014/03/28(金)14:22:44 ID:phavDwFpi
福岡大ワンダーフォーゲル部・ヒグマ襲撃事件

福岡大ワンダーフォーゲル部・ヒグマ襲撃事件は1970年(昭和45年)7月、日高山脈を縦走せんとしていた福岡大学ワンゲル部5名が執拗にヒグマに襲われ、3人が次々と命を落としていった事件。


1970年7月、福岡大学ワンダーフォーゲル部員の5人パーティーが日高山脈の芽室岳からペテガリ岳までの日高山系縦走すべく入山した。


パーティーは竹末一敏さん(リーダー)、滝俊二さん(サブリーダー)、興梠盛男さん、西井義春さん、河原吉孝さんの五人だった。


7月25日、中間地点のカムイエクウチカウシ山にさしかかっていた5人だったが大幅に予定が遅れていたため翌日の登頂後に下山することにし「九ノ沢カール」という箇所でテントを張った。


しかしここでヒグマからの最初の襲撃を受けた。


発見したのは竹末さんでテントから7mほど離れたところにヒグマはおり、当初パーティーは誰もヒグマを怖がっておらずしばらく興味本位で見ていたが、やがてヒグマの方から近づいてきてテントの外にあった登山用のザックを漁り中の食料を食べ始めた。


発見してから30分ほど経った頃である。



メンバーはラジオの音量を上げ、火を点し食器を打ち鳴らしてなんとかヒグマを追い払うことに成功した。


しかし午後9時頃、疲れて眠っていたパーティーはヒグマの鼻息で目を覚ますこととなる。ヒグマはテントにこぶし大の穴を開けた後、去って行った。これが2度目の襲撃で、メンバーは2人ずつ2時間交替で見張りを立てることにした。


その後もヒグマは執拗に五人をつけ回し、結果的に三人のメンバーを殺害。


三人の遺体は顔半分がなかったり腹部から腸が引きずり出されるなど、目を背けたくなる光景だったそうである。


福岡大ワンダーフォーゲル部・ヒグマ襲撃事件→wikiは無し

no title

141: 名無しさん 2014/03/28(金)14:25:53 ID:cz2U1C2BR
羆きたー!!!
これ怖いよなぁ

151: 名無しさん 2014/03/28(金)15:15:41 ID:phavDwFpi
よど号ハイジャック事件

よど号ハイジャック事件は1970年(昭和45年)3月31日に共産主義者同盟赤軍派が起こした日本航空便ハイジャック事件。日本における最初のハイジャック事件。


1970年3月31日、羽田空港発板付空港(現福岡空港)行きの日本航空351便・通称「よど号」が赤軍派を名乗る9人によってハイジャックされた。


犯人グループは朝鮮民主主義人民共和国へ亡命する意思を示し、同国に向かうよう要求した。


よど号は福岡空港と韓国の金浦国際空港での2回の着陸を経た後、4月3日に北朝鮮の美林飛行場に到着。犯人グループはそのまま亡命した。


かねてより赤軍派は、国内での非合法闘争の継続には後方基地としての海外のベースが必要であると考え、海外にメンバーを送り込む計画を立てていた。


ところが、1970年3月15日に赤軍派議長の塩見孝也が逮捕されてしまう。


逮捕された際、塩見は「H・J」(High Jackの意)と書かれたハイジャック計画に関するメモを所持していたが、当時の公安警察はメモの「H・J」がハイジャックを意味するものだとは気付かなかった。



よど号ハイジャック事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%88%E3%A9%E5%8F%B7%E3%8F%E3%A4%E3%B8%E3%A3%E3%83%E3%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

運航乗務員を除く乗員と乗客は福岡とソウルで順次解放されたものの、運輸政務次官山村新治郎が人質の身代わりに搭乗し、運航乗務員と共に北朝鮮まで同行した後に帰国した。

no title

153: 名無しさん 2014/03/28(金)15:29:17 ID:phavDwFpi
昭和電工事件

昭和電工事件は1948年(昭和23年)におきた贈収賄汚職事件。昭電疑獄とも。


復興資金として復興金融金庫からの融資を得るために、大手化学工業会社・昭和電工の日野原節三社長が行った政府高官や政府金融機関幹部に対する贈収賄事件である。1948年6月に発覚。


疑惑に先に手を付けたのは警察だった。警察は内定を進めていくうちに政界がらみの大きな汚職事件になると確信し政府がつぶれる危機すら抱いたが、それでも捜査を進めた。


そして捜査の過程でGHQ職員らも金を受け取っている、政・財・GHQの三つ巴の構造汚職であることを掴む。


このためこれを察知したGHQは圧力をかけ、捜査から警察を締め出しGHQのいうがままに動く検察主導で行わせるよう工作。そこで秦野は一策を講じ、クリスチャン・サイエンス・モニターの記者であったゴードン・ウォーカーを呼びGHQ関係者の名前がずらりと並んだ汚職容疑者リストをすべて彼に渡した。


ゴードン・ウォーカーはさっそくGHQを訪れ「GHQは、日本の警察の邪魔をするのか」といい、そのリストを見せた。するとGHQの警察への干渉はぴたりと止まった。


うまくいったと思った直後、ゴードン・ウォーカーはなんと突然朝鮮半島へ転任にされてしまう。


また秦野と藤田刑事部長の2人も突如転任となり、その後捜査は警察から検察へ移ることになった。


検察の捜査ではGHQへの疑惑は全く出なかった。


しかし大蔵官僚・福田赳夫(後の首相)や野党・民主自由党の重鎮・大野伴睦(後の自由民主党副総裁)の逮捕に始まり、政府高官や閣僚の逮捕に及ぶなど波紋は確実に広がった。


また栗栖赳夫経済安定本部総務長官、西尾末広前副総理が検挙され芦田内閣の総辞職をもたらした。


その後前首相であった芦田自身も逮捕されたが裁判では栗栖以外の政治家は無罪となった。



昭和電工事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%E5%8C%E9%9B%BB%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

154: 名無しさん 2014/03/28(金)15:34:15 ID:i0aCHoX1E
>>153
やっぱり崩壊直後に新しく創設されたこういう組織の話は面白いな
腐敗しきってると思いきや組織全体が若いから正義に向かって動こうとするの

155: 名無しさん 2014/03/28(金)15:39:13 ID:UEGbaU1Ir
全日空機雫石衝突事故

昭和46年岩手県雫石町上空で発生した、練習中の自衛隊戦闘機F-86Fと全日空58便千歳発羽田行の空中衝突事故。
いわゆる日航123便事故が発生するまでは日本国内最悪の航空事故で、事故現場は凄惨を極めた。
全日空側の乗員乗客162名全員が死亡、自衛隊機側パイロット1名は脱出に成功して無事だった。

事故は速度的に速い自衛隊機が、当日ルートを逸脱していたと思われる全日空機に対して適切な回避行動を取る
ことができず、さらに自衛隊機を視認していたにもかかわらず回避行動を取らなかった双方のミスが重なり、
自衛隊機が全日空機尾翼を切り取る形で接触し、双方そのまま墜落した。
衝突から10数秒後に全日空機は高度8500メートルから5000メートル付近まで急降下したのち音速の壁を越えて、
ソニックブームを起こして空中で圧壊し、そのままバラバラになった機体とともに乗客乗員は雫石町へ墜落
した。ソニックブームが起きた際、町の住民や農作業中の者が、折からの好天もあって空に一度きれいに花火
のような爆発があったのを見た後、きらきらしたものがたくさん降ってくることに好奇心を駆り立てられて
わざわざこれを見物しに出てきて、空から悲鳴とともに高速で降ってくる阿鼻叫喚の絵図を見ることとなった。
特に小学校校庭や近くの畑、そして現在慰霊の森のある山には多数の遺体が墜落することとなり、見るに堪え
ない凄惨な状況となった。また時季が夏であったため、状況から遺体のすべてを回収できるはずもなく、夜に
なるとリンが燃えて青白い炎がしばらく沸き立ったという。
なお幸いなことに墜落物体による被害者は、家にランディングギアが落ちてきたお婆さん一人が負傷しただけ
だった。

本件は事故原因がどちらにあるかでその後も大きく世間をゆるがした。
また本件のその後の影響として、自衛隊訓練空域と民間航空路のエリアを完全に分離すること、空中衝突防止
装置の開発と搭載の義務化、自衛隊機を含めた航空管制区域内での義務適用厳格化が行われた。

全日空機雫石衝突事故→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A8%E6%A5%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E9%9B%AB%E7%9F%B3%E8%A1%9D%E7%AA%E4%BA%8B%E6%85

no title

160: 名無しさん 2014/03/28(金)16:17:03 ID:UEGbaU1Ir
第四艦隊事件

昭和10年岩手県東沖合で発生した日本海軍第四艦隊演習中での大規模な海難事故。
演習に参加していた大部分の艦艇が損傷し、駆逐艦二隻は艦首部を喪失するという類を見ない損害を出した。
殉職者54名 損害艦艇 空母中破2重巡小破1軽巡小破1駆逐艦大破6小破多数

事件は第一、第二艦隊との合同演習のさなかに発生した。折からの荒天(台風だった)ではあったものの、
荒天時の訓練も有意義であるとの判断に加えて、横須賀沖での伏見宮ご観閲による演習を控えていたため、
演習は強行された。主力部隊は960ヘクトパスカルの台風の中心部に入り波高20mにも上る大波を受けて、
艦艇の大部分がその直撃を受けた。被害として転覆、沈没は免れたものの、特に特型と呼ばれる駆逐艦二隻
は艦首を切断するという前代未聞の損傷をだし(これまで戦闘以外での航海中に船体切断が起きた軍艦艇は、
就役直後のイギリス駆逐艦1隻だけであった。
その後の調査で、特型駆逐艦については強度不足が発覚し以前の検査で強度的に問題がないとされた艦艇
すべてを再検査する事態となった。また前年に同様の理由で転覆した水雷艇友鶴の件もあり、徹底的に安全
確認がされることとなった。このような被害が出た主な理由としては、ロンドン海軍条約で定められた規定
内限界まで、ほとんど全艦艇を艤装していることと、当時はまだ技術的に未熟だったが資材不足により多用
されていた溶接による接合部が主な問題点だった。

本件は起きた問題の大きさから国民には隠匿された。しかし造船技術として、必須の部分には枯れた技術を
採用すること、溶接技術の更なる改良発展を続けることとなった。
戦後日本が造船王国として世界に君臨する遠因として本件を契機とみる向きは多い。

第四艦隊事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E8%A6%E9%9A%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

162: 名無しさん 2014/03/28(金)17:09:39 ID:UEGbaU1Ir
死のう団

昭和8年に起きた「日蓮会殉教衆青年党」(通称「死のう団」)なる結社による一連の騒擾事件。
主に集団で「死のう死のう死のう」などと叫びながら行進を続けたためにデモ隊員が逮捕された。
この事件はその後特高による宗教団体への弾圧が約4年半に及び、最後に盟主が病死したのち、
後追いで会員が自●を遂げて終焉した。

事件にかかわった「日蓮会」は既存の仏教の堕落に絶望していた盟主である男が起こした新宗教。
死のう団はその日蓮会の青年部(これも日蓮会内部での軋轢により生まれた一組織だった)に
属していた者たちが作った結社だった。
曰く法華経から「不惜身命」を行動規範の柱とし、以下を血判で宣言するに至る。
我が祖国の為めに、死なう!!!
我が主義の為めに、死なう!!!
我が宗教の為めに、死なう!!!
我が盟主の為めに、死なう!!!
我が同志の為めに、死なう!!! 日蓮会青年部

昭和8年夏に不帰の旅路と称して日蓮会は「殉教千里行」なるものを決行した。鎌倉鶴岡八幡宮で
祈願したあとひたすらに「死のう死のう死のう」などと叫びながら練り歩く白装束の集団は周辺
住民から奇異の目で見られた。その日横浜と鎌倉の境である朝比奈の山で野宿する予定だった
ところへ特高警察が急襲し、全員を逮捕した。団員はただの取り調べ程度と考えていたが、実際
には違っており折からの日蓮系宗教団体を精神的支柱に持つ団体が起こした事件(血盟団事件や
五一五事件など)との関連を疑われ、治安維持法に基づいた弾圧を加えられることとなった。

その後、折につけ特高からのマークや嫌がらせのような弾圧を受けたが、後に特高がでっち
あげたクーデター計画や女性団員に対する暴行などが発覚して、盟主が特高を告訴するに
至ってマスコミの疑惑の目は逆に特高に対して向けられるようになった。
この後さらに特高の日蓮会に対する弾圧は苛烈を極め、会員の脱会者が相次ぎ、数少ない残され
た会員は日に日に病気を進行させて死期の近い盟主を見るにつけ血判宣言のごとく死のうと
考えるようになっていた。
残り少なくなった5人が国に対する弾圧を訴えて、自決を演じることとなった。自決のそれぞれ
の場所は警視庁、国会、首相官邸(と思って入ったが外務次官邸)だった。この自決劇(もと
もと示し合わせて自決を演じただけだったため致命傷を受けたものはなし)の後、歌舞伎座や
電車の中で「死のう」と書かれたビラをばらまくなどの行為が相次いだ。
翌年に盟主が病死し、数少なく残っていた団員達は盟主の後を追って次々に自●を遂げ、最後
に残った団員が定期船の船上から突然「死のう!」と叫びながらビラを撒いて海中へ没し、
ここに完全に「死のう団」(彼らは一度もその名を名乗ったことは無くマスコミが作り上げた
造語)なる結社は終焉した。

死のう団事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E3%AE%E3%86%E5%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

165: 名無しさん 2014/03/28(金)17:33:40 ID:UEGbaU1Ir
蛇の目寿司事件

昭和40年東京の寿司屋で発生した傷害致死事件。
被告となったのは聾唖者で当時の障碍者に対する差別が浮き彫りにされ、その後の障碍者に対する人権
問題提起の大きなきっかけとなった。

発端は店内にいた聴覚障碍者の二人の青年と、手話を見てそれをからかった他の客三人とが起こした
喧嘩だった。三人は奇異の目でからかい、聾唖の青年がそれを何度も制止したにもかかわらず喧嘩と
なった。これを見た店主が喧嘩の仲裁に入ったところ、口で言ってもわからない状況に店主が聾唖の
青年に対して激昂してしまい食器等で殴打するような状況となった。青年は争いになるなか、店主を
投げ飛ばしたところ運悪く後頭部を強打してそのまま翌朝に死亡した。

事件としては不運な傷害致死ではあるが、裁判中に聾唖の青年が、裁判所の準備した手話通訳者と意志
疎通がうまくできず、明らかに自分の主張が通じていないとして何度も手話通訳者を交代するよう
訴えたが聞き入れられ無かった。最終的に通常より重い懲役四年の実刑判決を受けることとなった。
この時代はまだ聾唖者に対する手話通訳の重要性が認識されておらず、戦時中は手話通訳そのものが
禁止されるというようなこともあり、意志疎通の十分にできる環境にはなかった。また裁判所でも
通訳を受ける権利は保障されていなかった。

この事件を契機に聾唖者に対する権利主張が活発化し、手話通訳運動にまつわる重要な契機となり、
手話通訳に従事する者は必ず知るところとなる案件となった。

蛇の目寿司事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%E3%AE%E7%9B%AE%E5%AF%BF%E5%8F%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

166: 名無しさん 2014/03/28(金)18:13:52 ID:UEGbaU1Ir
戸塚ヨットスクール

昭和58年に発覚した航海技術養成学校「戸塚ヨットスクール」で起きた一連の生徒不審死事件。
立件された案件で死者3名行方不明者1名。他体罰によると考えられる傷害は多数あるとみられ、さらに
事件後に再開された学校での再びの自●や自●未遂が平成20年代に入って相次いでいる。

事件のあった本校は、発覚前まではマスコミに青少年育成に効果がある学校として好意的に取り上げられ
ていた。当時の世相として、経済的に安定期に入ってきていたことから子供の教育に目を向けられ、子供
の不登校や情緒障害児などに対する治療や指導に注目が集まっていた。同校はマスコミに取り上げられる
と同時に生徒が増加、校長は時代の寵児となっていた。

マスコミが注目する中、発生した事件が必然的に発覚する事態となり疑惑の目を向けられるようになった。
昭和57年に発生した高知県沖太平洋上での少年2名が行方不明となった事件では、入校を拒否する二人
を強引に連れていき格子戸を嵌めた部屋で手錠をかけて監禁し、常に逃走防止の監視をつけるという状態
で、入所からたった20日間ほどで洋上で消息を絶った。同年12月に13歳の少年が入校一週間で校長と
コーチから、ヨットから何度も投げ落とされて死亡。遺体の状況から傷害致死であると警察は断定、
スクールを家宅捜索し校長以下コーチらを逮捕するに至った。

その後の裁判で校長らは教育にすぎないことを訴えて裁判が長期化。15人全員の有罪が確定するまで実に
19年を要する長期裁判となった。

なお冒頭で記述した通り、校長は平成18年に出所。スクールを再開する旨をマスコミに語り、その通り
スクールに返り咲いた後、複数の生徒自●・自●未遂事件を起こし、新たな疑惑の渦中にいる。

戸塚ヨットスクール事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%E5%A1%9A%E3%A8%E3%83%E3%88%E3%B9%E3%AF%E3%BC%E3%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

170: 名無しさん 2014/03/28(金)19:04:23 ID:UEGbaU1Ir
張作霖爆殺事件

昭和三年に中国満州鉄道連長線上で起きた満州奉天軍大元帥張作霖を狙った列車爆破事件。
本件においてターゲットとなった張作霖含め側近ら17名が死亡。
日本軍によるテロで、直接の実行は関東軍と朝鮮軍で行われた。

当時中国は国民党と共産党が南部で争っており、第一次国共合作を反古にして共産党を
412クーデターで弾圧した蒋介石が南京国民政府を立てるにあたり国民党が優勢な状況と
なっていた。国民党には反共で目的が合致している列強がバックにおり、国民党はこれを
うけていよいよ北伐を開始しようとしていたところだった。
張作霖は当時日本軍のバックアップを受けて関東を拠点に奉天軍を組織しており、国共合作
破棄後のライバルの退場を受けて増長し、北京へ入城したのちに大元帥を名乗って北部をほぼ
制圧するとともに次第に反日的な欧米勢力へのすり寄りがみられた。また関東軍の意向にも
従わなくなってきていた。
しかしながら、南部で国民党が力をつけており、さらに日本軍では関東に新国家を打ち立
てる動きがあり、張作霖の立場は微妙になりつつあった。張作霖はその後国民党にすり寄る
姿勢をみせて、関東以西を明け渡し関東で勢力を維持する密約を取り付けていた。
また時を同じくしてアメリカが九か国条約を提示して満州での関東軍の動きを抑制する動き
を見せ、日本にとっていよいよ張作霖の存在が不要のものとなりつつあった。
そのような中、秘密裏に爆破テロは実行された。

本件は直接的には実行犯である関東軍大佐が停職の後退役(ただしその後満州の石炭鉱山の
理事長となって巨万の富を得ている)、田中義一内閣が責任を取らされて総辞職となった。
また張作霖の息子張学良はこのときすでに国民党と和解しており、事件の真相を知って激怒
して奉天軍がそのまま国民党政府に合流することとなった。
これは日本の関東での影響力を直接弱めることにつながり、のちの満州事変から日中戦争へ
の原因となった。

張作霖爆殺事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E4%BD%9C%E9%9C%E7%86%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

173: 名無しさん 2014/03/28(金)19:45:20 ID:UEGbaU1Ir
瀬戸内シージャック事件

昭和45年に5月に広島で発生した観光船乗っ取りを中心とした一連の事件。
本件は人質事件としては犯人射殺により解決した初の案件。また射殺の瞬間をマスコミが報じ
ることなどにより人権問題へと発展し、日本の警察における銃器使用に非常に大きな影響をも
たらした。

犯人は所謂問題児で、小学生のころから素行不良となり施設や少年院への出入りを繰り返して
いるような男だった。犯行は仲間三人と福岡市内で乗用車を盗難したところから始まり、
検問でまず警官ともみ合いになり警官を刺した男が逮捕され、二人で広島方面へ逃げた。
その間に山口県内で別の軽乗用車を盗難して、広島の郵便局強盗を二人で計画、ところが
広島市内に入ると警察による警戒線が多数張られており何もできないまま市内山中で仮眠し
ていたところを発見された。追跡を受け、持っていた猟銃で犯人が警官を威嚇するとその隙に
もう一人の男は逃走、犯人は通りかかった軽乗用車に銃を向けてその車に乗り込み市内へと
逃げた。市内でなじみだった銃砲店に押し込みライフル2丁、猟銃1丁、銃弾380発を
強盗してフェリーターミナルのある宇品港へと向かった。
その後犯人は停泊して観光客を乗せていたフェリーを乗っ取り乗客乗員46名を人質にして
籠城した。フェリーは一度松山へ向け出港し、その間に警備艇にいた警官一名をライフルで
銃撃して重傷を負わせている。
松山に行く途中で肉親からの説得を受けるが、全く聞き入れられなかった。松山港についた
観光船は乗客を全員下船させて給油の後再度広島へ向かい宇品港へと戻ってきた。

戻ってきた犯人はライフルを乱射して仲間の男の釈放を求めるなどした。この際に警察の
ヘリに向かって発砲し、このヘリは危うく墜落しそうになった。宇品港に戻った1時間後に
待機していた大阪府警のライフル隊の銃撃によって左肩付近を撃たれて銃撃後1時間半あまり
で病院にて死亡。銃撃の瞬間はテレビカメラでゆっくりと犯人が崩れ落ちるシーンが生中継
されており、国民に衝撃をもたらした。

事件の後、人権擁護の観点から学者やマスコミから他の方法で犯人確保できたのではないか
との非難の声があがった。最終的に人権団体が犯人銃撃にかかわった大阪府警の巡査部長と
広島県警本部長を広島地検に告訴するに至った。しかしながら裁判所は各所への聞き取り調査
の後、業務は正当防衛であり、正当な職務行為となる理由があるとして不法行為には当たらな
いとの判断を下して不起訴、その後の抗告に対しても棄却が決定されて最高裁で確定した。
本件を受けて、警察は業務時の拳銃使用に非常に消極的になり、拳銃を業務で極力使用
しないようになり、特に海外からの流入による拳銃事件が多発するようになるに従い、警官
の殉職事案が多発するようになってしまった。これを受けて平成13年に法律が改定されて
使用要件が明確化されて改定前に比較して拳銃の使用回数が大幅に増加することとなった。

また、本件の直前に起きたよど号ハイジャック事件の影響があり、本件は「瀬戸内”シー
ジャック”事件」と呼ばれるようになった。”シージャック”とは和製英語であるが、
その後に長崎で起きたバス乗っ取り事件も「長崎バス”ジャック”事件」と呼ばれるよう
になり、誤用が一般化してしまった。

瀬戸内シージャック事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%E6%B8%E5%85%E3%B7%E3%BC%E3%B8%E3%A3%E3%83%E3%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

174: 名無しさん 2014/03/28(金)20:13:31 ID:phavDwFpi
薬害エイズ事件

薬害エイズ事件1980年代に主に血友病患者に対し加熱などでウイルスを不活性化しなかった血液凝固因子製剤(非加熱製剤)を治療に使用したことにより、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件。非加熱製剤によるHIV感染の薬害被害は世界的に起こったが、日本では全血友病患者の約4割にあたる1800人がHIVに感染し、うち約600人以上がすでに死亡しているといわれる。


原因はヒト免疫不全ウイルス (HIV) に感染したと推定される外国の供血者からの血液を原料に製造された血液凝固因子製剤を、ウイルスの不活性化を行なわないままに流通させ治療に使用したことである。


後にウイルスを加熱処理で不活性化した加熱製剤が登場したため、従前の非加熱で薬害の原因となった物を非加熱製剤と呼ぶようになった。HIVに汚染された血液製剤が流通しそれを投与された患者がHIVに感染して、エイズを発症したことから多数の死者を出した。


日本においても非加熱製剤によるエイズ被害が発生し行政の不作為が問題視された。


しかしエイズが感染後に長期の潜伏期間を経て高確率で発症することが明らかになったのは1980年代の後半以降であり1986,1987年頃までは専門家の間でも抗体陽性者の発症率は低いとする見解もあった。


そして1989年5月に大阪で、10月に東京で後述の製薬会社と非加熱製剤を承認した厚生省に対して損害賠償を求める民事訴訟が提訴された。


1996年2月16日、菅直人厚生大臣は原告団に謝罪。3月7日、東京・大阪両地裁は発症者に月15万円を支給する第二次和解案を提示し5社が3月14日に,国も翌15日に和解受け入れを発表。


原告側も3月20日に受け入れを決め、3月29日に両地裁で和解が成立した。



薬害エイズ事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AC%E5%AE%B3%E3%A8%E3%A4%E3%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

175: 名無しさん 2014/03/28(金)20:14:07 ID:UEGbaU1Ir
力道山刺殺事件

昭和38年当時絶大な人気を誇っていたプロレスラー力道山(日本名:百田光浩、朝鮮名:金信洛)
が刺殺された事件。
本件は被害者本人が事件直後に病院で治療を受けていれば問題なく治癒していたと思われ、力道山
が奇しくも豪放な正確な持ち主であったことを知らしめるエピソードを残してしまった。

事件そのものは赤坂のクラブで飲んでいた力道山が、たまたま同店で飲んでいた暴力団員と口論
になり暴力団員が持っていた登山ナイフで力道山を刺傷した。力道山は傷が浅いと感じていた(
実際には根元まで刺さっていた)ことと自ら持ちかけた喧嘩だったことから警察沙汰にせずに応
急処置だけして帰宅してしまった。翌日になり症状が悪化したため、力士時代から贔屓にしていた
山王病院へ入院した。しかしこの病院には力道山を執刀できる外科医がおらず別の医者を呼びつけ
て当日夜に執刀し、手術は無事終了した。ところがその1週間後、傷口を見た院長が腸閉塞を起こ
しているのを発見し、急いで手術医を呼び寄せて再手術するも手術後にショック症状を起こして
そのまま死亡した。死に際し力道山は何か呻くように三本の指を出しながら最期を迎えたという。
三本の指が何を意味するのかは今もって謎である。

死因としては直接的には化膿性腹膜炎とされているが、なぜ患部が化膿したのかは定かではなく、
医療過誤であるとか力道山が術後禁止されているサイダーを飲みすぎたなどといわれている。

本件の犯人の男は懲役7年が最高裁で確定して服役、平成25年まで生きた。

力道山刺殺事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9B%E9%93%E5%B1%B1#.E5.88.BA.E6.AE.BA.E4.BA.8B.E4.BB.B6.E3.81.AE.E9.A1.9B.E6.9C.AB

no title

177: 名無しさん 2014/03/28(金)20:53:19 ID:UEGbaU1Ir
光クラブ事件

昭和24年に起きた高利貸金業者を物価統制令違反として検挙した事件。警察による検挙の案件だけでなく、
ターゲットとなった「光クラブ」の創業からその終焉まで全体を捉えて「光クラブ事件」と呼ぶことが多い。
戦後の「アプレゲール犯罪」の代表とされる事件。

昭和23年光クラブは当時東大生であった男が、仲間である日本医科大生や中央大生など大学生を集めて、
ヤミの高利貸し業を始めた。光クラブはほかの業者と違い、現在でいうところのマーケティング能力に
非常に優れており、たちまちにして多額の資金調達に成功して急激に成長した。金融業としては変わった
名前で素人受けし、東大生が運営しているなど信用も勝ち取った。翌24年には資本金600万社員30人を
擁していた。

ところがこの年の夏、この東大生は警察に物価統制令違反を名目として逮捕された。
物価統制令とは当時のGHQの施策によって発令された法律であり、直接の違反条項となったのは第十条の
何人ト雖モ暴利ト為ルベキ価格等ヲ得ベキ契約ヲ為シ又ハ暴利ト為ルベキ価格等ヲ受領スルコトヲ得ズ
との事だった。東大生の男は本件においてもあわてず持ち前の法律知識を持ち出して本条項の問題点
である何をもって暴利とするのか、という部分を巧みに突き、最終的に不起訴処分を勝ち取った。
ところが、検挙に伴ってマーケティング効果で得ていた巷間の信用を一気に失墜させるところとなり、
逮捕に動揺した出資者が資金の返還を求めてきた。最終的に3000万円を用立てする必要に迫られたが、
遂にその資金を集めることができず、逮捕の4か月後、返済期日の前夜に服毒自●を遂げた。

光クラブがなぜ検挙されたかという点は、当時横行していた闇金に対する一罰百戒の意味を込めて目立っ
ていた光クラブがやり玉に上げられてしまい(結果的に立件はできなかったが目的達成には奏功した)、
さらに光クラブ内にいた内通者(秘書の女が税務署官の恋人だった)がいて内情を探ることができたた
めと考えられる。
本件は自●した東大生の言行録が現代にいたるまで残されており、その特異な人物像が語り継がれて
いる。

本件はライブドア事件が発生した際に、嘗て近似の事件があったとして再注目された。

光クラブ事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%E3%AF%E3%A9%E3%96%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

180: 名無しさん 2014/03/28(金)22:18:42 ID:UEGbaU1Ir
玉の井バラバラ殺人事件

昭和7年東京の私娼街そばにあるドブ川に男のバラバラにされた遺体が発見された事件。
「バラバラ殺人」という言葉が初めて使われた事件として有名である。

関東大震災後に発達した私娼街で玉の井という場所があり(現在の東向島)、ここはモグリの私娼街
として発達していた。永井荷風などが小説の舞台としていた場所である。ここにお歯黒ドブという
ヘドロで腐臭を放つドブ川が流れていた。生まれた嬰児を処置に困って捨てた遺体や動物の骸などが
良く上がるような川だった。

ある朝子供が誤ってこのどぶに下駄を落としてしまい、呉服商のおじさんが見かねて棒でつついて
取ってやろうとした。すると俄かに赤黒い血のようなものが広がり白地の布に紐でぐるぐる巻きに
縛ったものが浮き上がってきた。警察と一緒にこれを解いてみると果たして男の胴体の腹部であるこ
とが分かった。その後付近からさらに首、胸部、腰、手のない両腕、が発見された。手、足、胴の真
ん中部分はその後ドブさらいを徹底的に行ったものの発見されなかった。
その後解剖されて身体の特徴から肉体労働者であろうことは分かるもののそれ以上のことが分からず、
たちまち迷宮入りかと思われた。
ところが急転直下で本件は解決へ向かうこととなる。ある日現地視察に来た別の警察署の警官が
以前に見かけた浮浪者親子の親と非常に人相が似ており、その浮浪者が被害者ではないかと直感
した。この浮浪者のその後の消息をたどるとある建具職人の家に下宿していたことが分かり、この
下宿職人宅の主人を連行して追求した結果、殺害を認めるに至った。

結論として犯人宅の3人兄弟全員による犯行だった。殺害した原因は以下の通り。
犯人宅の長男は建具職人だが仕事がなく日給30銭、次男は春画などを書いては小遣い程度を稼ぐ状態、
長女が銀座のバーで働いて日給40銭。病床の母を養いつつ電気代も払えない状態だった。
ある日次男が件の被害者である浮浪者親子を見つけて連れて帰ってきた。この浮浪者は非常に口の
立つ男で故郷に財産があり助けてくれれば一儲けできるとウソを言って犯人宅へ連れ帰させたのだっ
た(実は犯人逮捕につながった浮浪者を尋問した警官もウソをつかれて汽車賃をくれてしまった)。
これに気を良くした犯人一家は、長女と浮浪者を夫婦同然にして故郷へ返して金策をしてくるように
送り出したのだった。ところが浮浪者の男は無一文で帰参し、故郷が小作争議で云々などと言い訳を
して一文も持ち帰らなかった。不審に思った次男は男の身元を調べて、実は無一文であることを知る
と激怒し家族で追い出したものの、逆に男は居座り一家に暴力をふるうようになった。春画を売るよう
な稼業をしていることから警察沙汰を恐れた家人はしばらく従うしかなくなってしまった。
しかし、いよいよ困窮を極めた一家は、邪魔になっている男を一家総出で始末しようということ
になり、長女が見張りをしている間に長男と次男がバットとスパナで滅多打ちにして殺した。
母と被害者の子がいない間に二日かけて死体を全員でバラバラにし、お歯黒ドブへ遺棄、他の部分は
長男の学校であった東京帝大工学部の使われていない校舎に隠したのだった。

最終的に長男は懲役8年、次男が懲役15年、長女は懲役6月執行猶予3年という判決だった。

なおこの事件の前後は大事件が頻発する騒然とした世情だった。第一次上海事変、熱海事件、
首なし娘事件、血盟団事件、満州国建国、五一五事件、ロス五輪での日本人選手の活躍、白木屋百貨
店火災、桜田門事件、矢作事件、坂田山心中事件と昭和史に残る事件が連発した。

玉の井バラバラ殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%E3%AE%E4%BA%E3%90%E3%A9%E3%90%E3%A9%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

181: 名無しさん 2014/03/28(金)22:50:00 ID:UEGbaU1Ir
福笑い殺人事件

昭和30年東京八王子の飲み屋の女将が殺害された事件。
犯人は主犯格の少年と21歳の男の二人だったが、まれにみる凶悪な犯罪として未成年で且つ被害者
が一名、二名の共同正犯による実行という案件であるものの二名とも死刑となった。

八王子駅から離れたバラック街にある飲み屋にて、週末に手伝いに来た高校生の娘が店に明かりが
無いことを不審に思い、中に入ってみると店の中の3畳間の炬燵で母がうつぶせで寝ているのが
見えた。そのそばにはビールの空き瓶が二本、キャラメルの空き箱、ミカンの皮などが散乱していた。
布団をめくってみると母が目隠しをされた状態で血まみれの状態で首にはひもを巻き付けられて
絶命していた。

また預金通帳がないことに気づき、さらに布団をどけると福笑いののっぺらぼうの紙が現れた。
警察による現場検証で両足は胡坐をかいた状態になっており、右手を膝にあて、左手は胸の前に
ある状態となっていた。また盃が放置されていて、下手人は二人であろうことが推測された。後に
印鑑と預金証書、現金もなくなっていることが分かった。警察はすぐに銀行へ向かうものの、現金
はすでに引き出された後だった。
周辺の事情聴取により、銀行に金を下ろしに来た男と、前日店で鉢合わせた別の客の証言から犯人
の人相が割り出され、最終的に現場に残された指紋から窃盗などの常習者で前科のある少年が逮捕
され、さらに仲間の男も逮捕された。この二名は少年院で知り合った仲間だった。

犯行当日は被害者の店に小金があることを覚えていた少年が仲間の男を連れ出して、襲おうと計画
した。被害者に目隠しをして福笑いをやらせ、この間に紐で首を絞めつけてビール瓶で殴りつけた。
その後通帳と現金を奪い、次の晩は赤線で二人で遊んでいたのだった。

裁判では、犯人の反社会的性格を糾弾し、厚生の可能性は無く酌量の余地がないと断じ、主犯の少
年含め二名とも死刑判決。

福笑い殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%AC%E3%84%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
※関連写真見つけられず

183: 名無しさん 2014/03/28(金)23:40:44 ID:UEGbaU1Ir
上野消火器商一家殺害事件

昭和49年東京上野で消火器商を営んでいた一家四人とたまたまその場にいた一家の知り合いの
男の5名が惨殺された事件。
本件の特異なところは共犯の男が、全くこの一家とつながりを持たず、主犯の男との単なる”友情”
だけで犯罪に加担したところである。

一家は訪ねてきた親戚により発見された。血の海となっている現場は頭を鈍器で殴られ紐やコードで
首をしばりつけられ、浴槽に灯油がかけられた遺体が放り込まれている有様であった。
最初捜査員は一家心中を疑ったのだが、タンスがぶちまけられたり執拗な物色の跡を見るにつけ、
次第に強盗殺人かと思うようになった。しかしそれにしては殺害方法が異様なほど凄惨であると
見えた。現場検証をしているうちに、家人のものではないと思われる衣服があり、これには名前
が律儀にも記されていた。この遺留物によって同業者の工場で以前営業として働いていた男が
すぐに捜査線上に浮上した。さらにこの男以外の衣服も現場にあり、その衣服の特殊性からこれ
またすぐに別のとび職の男が浮上した。
指名手配から本当にあっさりとその日中に二人とも逮捕されてしまった。

主犯の男は、主犯の父とともに被害者一家の経営する消火器商でセールスを請け負っていた(社員
ではなく外注だった)。ところが、被害者の会社はのちに自社営業を行うようになり、犯人親子は
次々に得意先を失ってしまった。これに逆恨みをした犯人が、友人である共犯とともに本件を計画
したのだった。この共犯の男は、出生が似ていたことと、お互いがゲイであったことから強い友情
で結ばれていたようで(しかし体の関係はなかったようである)、主犯の男から本件の計画を持ち
こまれると二つ返事でOKしたのだった。
捜査員が動機を怨恨か物盗りかで判断しかねていたのは、動機がどちらもあったから、という結果
だった。犯行時二人はお互いを励まし合いながら5時間にわたり現場を荒らしたあと、主犯の男は
蒲田でゲイバーやホテルなどで使い果たしてしまった。

しかしながら共犯の男は主犯の男にくらべおとなしい性格であったため、その後の裁判などでも
なぜこのような凶悪な犯罪に加担してしまったのか、終始謎のままであった。
裁判は昭和54年に結審し二名とも死刑。主犯の男は、犯行に巻き込んでしまった共犯の男を減刑
するよう終始嘆願し、巻き添えにしてしまったことを最期まで嘆いていた。
共犯の男が結審の7年後に刑執行、その二年後に主犯の男が刑執行された。

上野消火器商一家殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%8E%E6%B6%E7%AB%E5%A8%E5%86%E4%B8%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
※関連画像なしです

http://open2ch.net/p/news4vip-1395926269-183.png

184: 名無しさん 2014/03/28(金)23:41:29 ID:cz2U1C2BR
凄い情報量だなここ

188: 名無しさん 2014/03/29(土)00:16:48 ID:QTKAtNEgr
凄く興味深い内容で面白い

189: 名無しさん 2014/03/29(土)00:39:49 ID:ES04rPNZs
金属バット殺人事件

昭和55年神奈川県で起きた当時成人にになったばかりの予備校生が両親を金属バットで殴殺した
非常に有名な事件。
本件は、当時の受験戦争の過熱化という世相と、舞台となったエリート一家との心証から起きた
悲劇であったとして大変な話題を呼んだ。しかし事件の背景としてのこの解釈は昨今は別の観点
から再検証されつつある。

犯人の男は、某東証一部上場企業の幹部の父、山口の有名酒造家の娘の母、早大生の兄のいる家
の次男だった。裁判時の精神鑑定で発達障害が認められ、子供の時分からあまり出来の良い子で
はなかった。しかしながら、中学高校となんとか進学校へ進めたものの、その後成績は下がる一
方で現役での合格はおろか、今でいうところのFランクラスの大学に進める程度の成績だった。
一度成績で両親に叱責された後、1日だけ大阪へ家出まがいにでかけて何もしないで帰ってきて
いる。
そうこうしている間に、予備校生になってからは親の財布からキャッシュカードを盗んでは小金
を下してサボるようなことを繰り返し、進学をあきらめて別の道に進みたいなどと思いついたよ
うに言っては両親の不興を買うありさまだった。
犯行当日、犯人がキャッシュカードを盗んでいたことを知った父親が激怒し、応接間で叱った後
に、更に怒りが増して自室へ退いた犯人の部屋へ乗り込んだところ、犯人は盗んだ金で買った
ウィスキーをラッパ飲みしている最中だった。父親は叫ぶように泥棒を置いておくわけにはいか
ないから出ていけ!と罵り、今まで犯人をかばってきた母親からついに突き放すような言葉を
頂戴するにあたり犯人の心が砕けた。

翌日、物盗りの仕業に見せかけるよう精いっぱいの偽装工作をした犯人は警察へ通報。駆けつけ
た警察は現場の惨状に息をのんだ。父親は寝室で頭蓋を割られて飛び散った血は天井まで達し、
母親は奥の八畳間で完全に破壊された頭から脳漿があたり一面に飛び散っていた。
その翌日、親類から追及を受けてあっさり自分が犯人であることを認め、親類が警察へ通報して
逮捕となった。

本件は裁判で犯人の責任能力が争われたが、責任能力そのものは認められたものの、精神が相当
に減弱している中でアルコールに酔った自己喪失の中での偶発的犯行と考えられ、更に逮捕後は
相応の悔悟の態度を見せており厚生の可能性ありと判断されて、懲役13年の実刑となった。
1審で控訴せず有罪が確定。収監された。

本件については、事件の背景が明らかになるにつれて受験戦争の弊害として、当時はそれを糾弾
する風潮へと向かっていくようになった。好景気になりつつある頃でもあった時代背景もそれに
合致したものとみられる。
しかし、冒頭にあるとおり、昨今では別の解釈が試みられている。本人は厳格な父に対して、
避難することのできる母親に対して拠り所を求めており、その母親から犯行直前に見捨てられた
態度を取られたことによって精神崩壊を起こしてしまったのではないかというものである。
なお犯人は現在刑期満了にて出所している。

神奈川金属バット両親殺害事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%A5%E5%B7%9D%E9%91%E5%B1%9E%E3%90%E3%83%E3%88%E4%B8%A1%E8%A6%AA%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

192: 名無しさん 2014/03/29(土)01:38:31 ID:ES04rPNZs
アナタハン島事件

昭和20年から25年にかけて発生したとみられるマリアナ諸島アナタハン島でおきた大量に死者を
出した事件。本件は終戦直前から終戦後にかけてという期間と、日本の敗戦後にアメリカの信託
統治領となった地域特性から、権力の及ばない実質的な無法地帯で起きた非常に特異な事件で
ある。

アナタハン島にてコプラの生産を行っていた会社の社員夫婦の内、主な当事者となるA子、隣家
で会社の上司夫婦のうちの夫であるB夫は、運悪く当日ほかの日本人が出払っている中で、米軍の
空爆を受けてしまう。命からがらになんとか生きていけるだけの状況を確認した二人は更なる
災難に見舞われる。この爆撃により遭難した日本軍人や漁師などの31名の男性がアナタハン島に
上陸してきたのだ。この後、最低限の衣食住の環境しかない孤島で32人の男と1人の女の過酷な
サバイバルと肉欲の生活が始まった。
生活はほぼ男は全裸、A子は上半身裸の腰ミノ一つという状態で、男が狩りをおこなって、A子が
調理するということで何とか生き延びようとした(この間に米軍が日本の敗戦をしきりに告げて
来たものの誰一人信用しなかった)。
最初のうちは、みな生きるのに必死だったため性欲は抑えられていたが、ある程度慣れてくると
日本人の女は一人という状況で32人の男があからさまにA子を求めて対立するようになった。
またそれはB夫がA子の夫ではないことが知れ、更にヤシの実から酒を生成することに成功すると
いよいよ理性が保てなくなってきていた。
これを危険と察知したA子はB夫に助けを求める形で半ば済し崩し的に事実上の夫婦となった。
しかしそのうちB夫はA子を独占したいがために嫉妬深くなり暴力を働くようになった。これに
嫌気したA子はCと関係して駆け落ちまがいのことをして連れ戻されている(これまでの間に
二名の行方不明者を出している)。

 続く

193: 名無しさん 2014/03/29(土)01:38:54 ID:ES04rPNZs
しかしこの後墜落した米B29の残骸を発見、同時に使用可能な二丁の拳銃を発見するにあたって
これを使用できるDとEが当然のようにA子を求めた。B夫は恐れおののいてA子をDとEに差出した。
そのうちDとEが諍いからEが拳銃で殺害され、更にA子にしつこく言い寄っていたFが殺害された。
ところが、なぜかDがそののちに不審死を遂げる。今度は拳銃をGが独占して所持、Gも当然の
ようにA子を独占し、すぐにB夫を殺害した。更にこの後にGが謎の死を遂げる。
これを受けてあまりの状況異常さから、その後合議で拳銃は海中に沈め、A子に夫を選んでもら
いその夫婦を邪魔しないと誓うことにした。A子はCを選び夫婦となった。
しかしこれもすべてはかりそめの約束となっていた。なぜならここに居る者すべてがすでに
文化的理性というものを無くしてしまっていたからである。拳銃が無くなった後も執拗に男た
ちはA子を追い立て回した。

A子は遂に我慢の限界に達し逃亡の上、米軍への投降を試みる。必死の思いで男たちから逃げ
おおせ、海岸で腰ミノ一枚で白い布を振り米艦艇に救出されたのだった。
この時すでに昭和25年。5年の月日が去っていた。

男たちは、A子に遅れること1年後に投降。
生き残った者はA子および男19名。12名が死亡または行方不明となった。

この事件はA子が帰国後、マスコミによって恰好のエサになり「アナタハンの毒婦」などと煽情
的に報道が過熱し大衆の好奇の目に大いにさらされることとなった。世間はアナタハンブームに
湧き、A子の写真まで売られた。A子は更に闇ブローカーのような男にだまされてストリップの
ステージに立ったり、インチキまがいの本件を題材にした映画に出演させられたりした。
A子は失意のうちに故郷へ帰って行った。
これにひきかえ男たちは特に何の咎めも受けることなく帰還している。

残念ながら戦後の混乱期の世情も相まってマスコミに翻弄され、本来帰国によって行われる
べきだった真相究明は行われることなく、時間と共に事件そのものも消え去ってしまった。

アナタハンの女王事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A2%E3%8A%E3%BF%E3%8F%E3%B3%E3%AE%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

194: 名無しさん 2014/03/29(土)02:05:50 ID:ES04rPNZs
弥彦神社圧死事故

昭和31年新潟県にある越後国一宮彌彦神社で発生した将棋倒しによる集団圧死事件。
死者124名重軽傷者77名。日本で近代に起きた群衆事故としては記録にある限りでは最大のものと思われる。

当日は年始参りで恒例の福餅まきが始まるのを今か今かと群衆が殺到している拝殿前で待機している状態
だった。福餅は縁起が良いとして当日参拝客の一番の目当てであった。年が明けた直後の0時10分頃、餅を
もらい終わった帰りの客と今から参拝する客で中央の石段付近で衝突が起き、双方からの荷重に耐えられ
なくなって玉垣が崩壊。これによって段上の参拝客が押し出されるようにして次々に石段下へ落下していき
折り重なって倒れることとなった。
当日は参拝客推定4万人に対して警備が16名しかいない上に多くがバス駐車場の交通整理に振り向けられて
しまい現場はほぼ無秩序状態だった。更に照明設備が整っていない状態で周囲が暗く状況が把握できなかっ
たことが拍車をかけて、最終的に状況が改善されるまでに30分から40分を要すこととなってしまったことも
被害の拡大に拍車をかけた。

この事故が起きた遠因として、同年は折からの豊作と公共交通の発達から当神社への参拝客が爆発的に増え
てしまったことが挙げられた。
本件は裁判によって警察の責任が認められ、県警本部長が引責辞任の上、幹部らが懲戒処分、また神社
の宮司及び権宮司も引責辞職した。

なお、現在は直接の原因となった年明けの餅まきそのものが行われておらず、境内も一方通行となって
改善された。

彌彦神社事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%8C%E5%BD%A6%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

196: 名無しさん 2014/03/29(土)02:40:41 ID:ES04rPNZs
横浜米軍機墜落事件

昭和52年横浜市にコントロールを失った米軍戦闘機が住宅地へ墜落した事故。
3名死亡(内一名は事件から4年以上後に死亡)6名負傷者を出す惨事となった。この事件は犠牲と
なった親子の悲劇的な最期から多くの関心が寄せられた。また本件の捜査に当たり日米地位協定
のあり方について議論を呼んだ。

当日厚木を飛び立った米艦載戦闘機は燃料満載の状態で火災が発生、すぐに乗員は脱出したもの
の機体は当然ながらコントロール不能となった。乗員は緑区の平地付近に着地したものの、
主を失った戦闘機はそのまま先の住宅地へと突っ込んでいき、周辺住宅を巻き込んで炎上した。
先に来ていた海自に遅れること1時間、米軍が現場へ到着し、日米地位協定を理由にして周辺住民
と警察をシャットアウトして米軍機の回収を優先させた。
この事故で9名が負傷、そのうち、3歳と1歳の兄弟の男の子が全身やけどとなって翌日に死亡した。
この母親も同様に全身やけどとなり、手術を繰り返しながら一時は一命を取り留めたものの、
精神的に憔悴し、半ば強制転院の形で精神病院へ転院した後に、実に事故から4年4か月後心因性
呼吸困難が原因で死亡した。
この悲劇の親子を祈念するために銅像の設置や、関連図書が多数出版されている。

なお本件の審判は米軍内で処理され、すべての案件が不起訴となって当該機に乗務していた二名は
本国へ帰還していった。

横浜米軍機墜落事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E5%A2%9C%E8%BD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

200: 名無しさん 2014/03/29(土)03:49:50 ID:ES04rPNZs
W3事件

昭和40年当時人気漫画家だった手塚治虫が少年マガジンで連載していた「W3(ワンダースリー)」
を少年サンデーへ連載誌を突如変更したという事件。
この事件は当事者の意図とは離れ、後の日本漫画史における重要な分岐点となった。

当初手塚率いる虫プロは新たな作品発表のために企画を行っていた。その企画がなぜか開始前に
ライバル会社から非常によく似たプロットでアニメやコミックの連載が始まるということが続いた。
このことがきっかけで手塚や虫プロ上層部は、虫プロ社内にスパイがいるものと確信し、疑念を
深めていく。
上記の状況から企画を何度も変更した新作の「W3」を折から依頼を受けていた講談社出版の週刊
少年マガジンで連載開始、同時にアニメの放映が決定することとなった。講談社にとっては悲願の
超人気作家の獲得ということで社内的に湧いた状態だったが、ところがこの決定と前後して事件が
発生する。それは、手塚が企画を盗まれたと考えていた漫画「宇宙少年ソラン」がほぼ同時に
連載を開始することとなったことが発覚したのだった。「ソラン」がマガジンで連載開始となった
理由は単純にスポンサーとの関係のためだったが、手塚は折からの状況から疑念を深め、
マガジン編集部に対して「ソラン」の連載中止を申し入れて猛烈に抗議した。しかしそうこうし
ている間に手塚は勝手に小学館へ出向き連載が開始されたばかりの「W3」の連載を7回目から
少年サンデーへ移籍すると決めてきてしまった。
講談社側は和解に向けて手はずを整えている最中に一方的に移籍を決められてしまい、手出しでき
なくなってしまった。
少年マガジンは本件に加えて、作者逮捕により看板漫画だった「8マン」の連載中止、同じく
看板だった「ハリスの旋風」の長期休載が重なりライバル誌に対して大きく水をあけられることと
なり、編集長が引責辞任する事態となった。

事件の直接の経緯は上記の通りだが、この後日本漫画界はこれを契機として流れが大きく変わって
行くこととなる。
手塚を失った少年マガジンは、今までの編集方針を大きく変更し、貸本漫画作家を大きく起用
する方針とした。その代表的な漫画家が梶原一騎、水木しげる、さいとう・たかをといった面々
である。単純なコミック調の漫画から、劇画調の漫画が多くを占めるようになり、これは読者
に歓迎を持って迎えられた。この後週刊少年マガジンの黄金時代が到来し、逆に手塚は低迷した。
この一連の流れは、日本における漫画の流れを手塚が得意としたストーリーもの、マガジンが
切り開いた劇画、もう一つの潮流である心理描写を生かした少女漫画というトレンドを作り出す
に至ったものと考えられる。本件は、日本の漫画が手塚を中心として制作されてきた”古臭い
マンガ”とは別の潮流を生み出すことになった非常に大きな転換点となることとなったと評価
されている。

なお、手塚は本件から9年を経過して「三つ目がとおる」を連載するまで講談社とは絶縁関係
になり、虫プロの経営にも大きな影を落とすこととなった。手塚はのちに本件について、講談
社側に大きな迷惑をかけてしまったと述べている。

W3事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/W3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

207: 名無しさん 2014/03/29(土)08:45:03 ID:3q1y6r80h
>>200
ジャンプやチャンピオンに比べて何か大人が読むような絵柄に見えたのは
編集方針だったのかw

214: 名無しさん 2014/03/29(土)10:29:46 ID:MtCSyx6ko
>>200
漫画の神様とか言われてるけど
自我の強さは半端ではなかったらしいからな
無国籍スナイパー、ゴルゴ13のヒットに対抗して
命を救う無免許医、ブラックジャックで対抗とかな

212: 名無しさん 2014/03/29(土)10:21:43 ID:LW3LZ5Bbj
一個だけ投下

>>211その方が良いですよね…新スレ立てておきます

袴田事件

袴田事件は、1966年(昭和41年)に静岡県清水市で発生した強盗殺人放火事件、およびその裁判で死刑が確定していた袴田巖元死刑囚が冤罪を訴え2014年3月27日に死刑及び拘置の執行停止並びに裁判の再審が決定(未確定)された事件。日本弁護士連合会が支援する再審事件である。

1966年6月30日、「有限会社王こがね味噌橋本藤作商店」専務の自宅が放火された。焼跡から専務、妻、次女、長男の計4人の他殺死体が発見される。一家の中では別棟に寝ていた長女が唯一生き残った。

警察はすぐさま捜査を開始する。静岡県清水警察署が味噌製造工場および工場内従業員寮を捜索し、当時「こがね味噌」の従業員で元プロボクサーの袴田巖の部屋から極微量の血痕が付着したパジャマを押収した。

そして1966年8月18日、静岡県警察が袴田を強盗殺人、放火、窃盗容疑で逮捕した。


袴田への取調べは過酷をきわめ炎天下で平均12時間、最長17時間にも及んだ。さらに取調べ室に便器を持ち込み、取調官の前で垂れ流しにさせる等した。

睡眠時も酒浸りの泥酔者の隣の部屋にわざと収容させ、その泥酔者にわざと大声を上げさせる等して一切の安眠もさせなかった。そして勾留期限がせまってくると取調べはさらに過酷をきわめ、朝、昼、深夜問わず2、3人がかりで棍棒で殴る蹴るの取調べになっていき袴田は勾留期限3日前に自供した。

取調担当の刑事達も当初は3、4人だったのが後に10人近くになっている。

これらの違法行為については次々と冤罪を作り上げた紅林麻雄警部人脈の関与があったとも言われている。


そして1966年9月9日、静岡地検が強盗殺人罪、放火罪、窃盗罪で袴田を起訴し、1968年9月11日、静岡地裁が死刑判決。

1980年12月12日、最高裁が判決訂正申立棄却決定送達。死刑が確定する。


しかし弁護団や袴田を知る議員などはこれを正しい判決ではない。冤罪事件だ。と確信し、何度も再審を要求してきた。

その結果2011年8月に第二次再審請求審において静岡地裁は事件当日にはいていたとされるズボンの他、5点の衣類の再鑑定をすることを決定した。

再鑑定の結果次第では再審の可能性があるとされた。


そして遂に2014年3月27日、静岡地裁が再審開始と死刑及び拘置の執行停止を決定した。袴田は同日午後に東京拘置所から釈放された。

静岡地検は東京高裁に再審開始について即時抗告、拘置停止について抗告を申し立てた。


袴田は30歳で逮捕されて以来45年以上にわたり拘束され(ギネス世界記録、2014年3月27日まで東京拘置所に収監)死刑確定後は精神に異常を来しはじめ、親族・弁護団との面会にも応じない期間が長く続いた。

現在は面会には応じるものの拘禁反応の影響による不可解な発言が多く、特に事件や再審準備などの裁判の話題については全くコミュニケーションが取れなくなっている。

このため2009年3月2日より袴田の姉が保佐人となっている他、袴田は近年獄中にて拘禁反応に加えて糖尿病も患っている事が判明している。


袴田事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%B4%E7%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

216: 名無しさん 2014/03/29(土)10:47:21 ID:vISkYzgK5
>>212
袴田さんは本当に気の毒だ…
俺の歳より長く刑務所暮らしだなんて

217: 名無しさん 2014/03/29(土)13:21:49 ID:ES04rPNZs
名古屋妊婦殺人事件

昭和63年に愛知県名古屋市で起きた妊婦が残忍な方法で殺害された事件。
未解決で公訴時効が成立している。

事件の概要は以下の通り。
当日午後3時頃、いつ陣痛が来てもおかしくない状態で被害者の女性は在宅していた。当日は
被害者宅が副業で営んでいたネットワークビジネスの顧客を一人応対しており、その際に出した
イチゴの空き容器が炬燵の上に置かれたままだった。
犯人は何らかの方法で家に忍び込み、被害者を炬燵のコードで絞殺、この後異常な行動に出た。
被害者の臨月状態の腹を下腹部から胸部にかけて切り裂き、生きたままの嬰児を取り出した。
へその緒を乱暴に引きちぎったのちに、なぜか家の固定電話を本来赤ん坊がいるはずの部分へ
入れ、ついでにミッキーマウスのキーホルダーを入れて腹を閉じた。
夕刻に帰宅した主人(帰宅前に電話した際に電話に出ない状況を不審に思っていた)が、家の
異常に気づき奥から弱弱しく泣くかすかな声に誘導されて犯行のあった部屋に入った。この際
は主人は異常分娩だと考えたようで、仰向けに横になっている妻を起こそうとした。起こして
見ると後ろ手に縛られた状態で冷たくなっていることに気づき初めて殺害されたものと分かった
状態だった。すぐに警察に電話しようにもいつもの場所に電話がなく、致し方なく階下の住人
に助けを求めて警察を呼んだ。

警察の初期捜査は、職場で仕事をしているという確実なアリバイがあるはずの夫が犯人である
ものと決めつけ(夫の行動が冷静すぎたところがその心証を深めてしまった)てしまい、その
後の聞き込み調査で多数の目撃証言のある不審者の存在に集中されなかった。
犯行の異常性からいろいろな推論が出たが、迷宮入り。

奇跡的に生き残った胎内にいた赤ちゃんはその後世間の好奇の
目にさらされて夫ともに国外へ移住した。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E5%87%E3%8A%E8%A3%E3%8D%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

220: 名無しさん 2014/03/29(土)14:35:38 ID:ES04rPNZs
近鉄河内花園駅衝突事故

昭和23年近鉄奈良線上本町行急行列車が河内花園駅に停車中の前走列車に激突した事故。
死者49名負傷者282名。この事故は朝の通勤ラッシュで満員の乗客を乗せてい
る状態で、高低差の大きい山の上で制動力を喪失し、車内の乗客が状況を把握
しつつ加速度を上げながら山を高速で下りおり、前方の列車へ衝突するという
大変悲惨な事故だった。

奈良発上本町行の急行列車は奈良県内の生駒トンネルを走行中に運転手が通常
制動に使用する空気ブレーキが利かなくなった。この車両は折からの戦後の物
資がない中で、整備もままならない状態で運用されており、当日の奈良方面へ
の仕業の際と、ブレーキの利かなくなる直前の生駒駅でオーバーランを起こし
ており、運転手はブレーキの利きが悪いことはあらかじめ分かっている状態
だった。
本系統はブレーキを3系統持っていたが、暴走を始めたのちにパンタグラフが
離線するようになり抵抗ブレーキが使用できない状態となり、残るはハンド
ブレーキ(トロッコなどに使用されるブレーキシューを直接手動で鉄輪に摩擦
させて制動する方式)のみとなった。
運転手は生駒トンネルを抜けた孔舎衛坂駅でパンタグラフが使用できなくなっ
たことが分かると、いよいよ生駒山からの本格的な下り坂区間となって衝突が
必至の状態となった。運転手は、乗客側に振り向いて
「申し訳ありません。車は停車しません。覚悟してください」
と涙ながらに頭を下げ運転席に座った。たまたま乗車していた国鉄の貨物駅
助役がハンドブレーキを掛けるように運転手に指示し、満員の乗客をかき分け
て運転席へ駆けつけて助力するも急行停車駅の石切をむなしく通過、列車は高
速で最大35.7パーミルの坂下りをはじめ額田、枚岡と通過していった。この間
に状況を把握した乗客が列車後方へ殺到。事故車両は貫通扉がなく、先頭車両
後部へ乗客が押し込められた。乗り合わせた警官らが床にへばりつき頭を下げ
て後方を向いて座ることなどを混乱の中指示し、衝突でガラスが割れることを
恐れて窓を全開にした。後方でも車掌がハンドブレーキを操作していた。
件の列車の異常に気付いた列車指令室へ連絡。列車指令は、勾配がゆるみ平野
部へ入る位置にある瓢箪山駅へ前走の準急列車を急いで退避させるように指示
した。暴走列車が瓢箪山駅手前の大きなカーブをほとんど片輪走行のような状
態で駆け抜けた。前走の準急列車が瓢箪山駅退避ホームへ入るとすぐにポイン
トを切り替え、その切り替えた瞬間に暴走列車が脇を通過していった。

暴走列車が当時なかった東花園駅付近でようやく勾配がなくなりハンドブレー
キの手ごたえが現れてきたものの、空しくも河内花園駅に停車していた前走の
普通列車へ80km/hで衝突してしまった。列車指令が瓢箪山への指示を終えて、
河内花園駅へ連絡したときにはすでに事故が起こった後だった。

本件は当時整備不良を原因とした列車事故が多発した中での一件ではあったが、
列車内で取られた行動などから「サバイバル・アスペクツ」の観点での成功
事例となった。

近鉄奈良線列車暴走追突事故→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E5%87%E3%8A%E8%A3%E3%8D%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

223: 名無しさん 2014/03/29(土)15:14:27 ID:LW3LZ5Bbj
自衛隊機乗り逃げ事件

自衛隊機乗り逃げ事件は1973年(昭和48年)6月23日、飲酒した陸上自衛官が航空機に乗って飛び去り機と一緒に行方不明になった事件。尚乗り逃げした機体および自衛隊員が発見されることはなかった。


1973年6月23日の午後9時頃、栃木県宇都宮市にある陸上自衛隊北宇都宮駐屯地の滑走路から、突然LM-1型連絡機が離陸した。


夜間のことであり管制塔が閉鎖されていたためすぐに大騒ぎになった。


その後の隊内の調査で同駐屯地に駐屯していた航空学校宇都宮分校所属の整備員3等陸曹(当時20歳)が飲酒の上、行方不明となっていることが判明した。


飛行機は南に向かって飛び立ったのが目撃されているがレーダーでは捕捉されず、かなりの低空飛行だったと推測されている。


無線の使い方がわからなかったのか、意図的に応じなかったのか定かではないが呼びかけにも応答せず、同機に搭載された5時間20分相当の燃料が尽きたため墜落したと思われる。


格納庫は緊急事態に備えるため、閂がかかっていただけで施錠はされていなかった。また3曹は整備士として副操縦席に搭乗経験があったのみでまともに操縦訓練は受けておらず、搭乗経験もLM-1では2時間10分しかなかったのに市街地に墜落せず飛行できたのは正に奇跡以外の何物でもなかった。


後日防衛庁・陸上自衛隊は、彼が酔った勢いで突如航空機を操縦してみたいという衝動に駆られ乗り逃げしたものと断定した。


1ヶ月間にわたる捜索でも機体は発見できず、3曹は8月1日付けで行方不明のまま懲戒免職とされた。なお、関係者7人も航空機の管理責任を問われる形で処分されている。


自衛隊機乗り逃げ事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%A9%9F%E4%B9%E3%8A%E9%83%E3%92%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

234: 名無しさん 2014/03/29(土)22:19:27 ID:MtCSyx6ko
>>223
大友克洋「気分はもう戦争」のモチーフのひとつ

224: 名無しさん 2014/03/29(土)15:44:49 ID:LW3LZ5Bbj
長崎バスジャック事件

長崎バスジャック事件は1977年(昭和52年)10月15日に発生したバス乗っ取り事件。


この事件は2人の犯人によって起こされた。犯人の1人は射殺され、人質は全員救出された。

1977年10月15日午前、長崎県平戸市から佐世保市・大村市を経由して長崎駅前に向けて運行中の路線バスが途中の大村市内を走行中、「阿蘇連合赤軍」を名乗る2人組の男性に乗っ取られた。


その後バスは給油のため長崎市内のガソリンスタンドに立ち寄ったが、スタンド従業員からの通報を受けた長崎県警察はバスのエンジンスターターを不作動にする措置を行い、バスを包囲した。


犯人たちは乗客5人の解放と引きかえに食料や水、そして毛布50枚を要求していた。また「法務大臣の瀬戸山三男と新自由クラブ代表の河野洋平及び、政治評論家の細川隆元を連れてこなければ交渉には応じない」などと主張した。


しかしこの時に犯人らは自分達の事を「阿蘇連合赤軍」と極左風の団体名を名乗っておきながら右翼的な論評の目立つ保守派評論家であった細川の事を「細川隆元先生」と呼ぶなど、思想的に考えて支離滅裂と思わざるを得ない発言が目立ったことから、警察では早い時点で犯人達は赤軍派とは無関係の集団だと判断していた。


が、おりしも17日前のダッカ事件で日本政府は人質の解放と引きかえに身代金16億円と釈放犯6人の解放を実施して国内はもとより世界中の非難を浴びたばかり。これ以上、犯人の要求を聞き入れる訳にはいかないと強行策の検討が始まった。


長崎県警は同型バスを用意して機動隊が何度も突入訓練を行った。事件から18時間後の16日午前4時25分、長崎県警は人質の体力が限界とみて強行突入を命令した。


機動隊は一斉射撃をしながらバス内に突入し主犯の川崎久之(31)を射殺。共犯のA(39)は重傷を負ったものの一命は取り留めた。人質は全員無事に救出された。


犯人が警察によって射殺されたのは「ぷりんす号・シージャック事件」に続いて2件目。


だが、生き残ったAはその後の裁判で懲役6年が確定。川崎が生きていれば懲役8年程度と推定され、強行突破で犯人を射殺しなければならなかったのか?と疑問を呈する声もあった。


しかし先述のように政府は赤軍派による凶悪犯罪(ダッカハイジャック・よど号ハイジャック事件など)に対して国内外から批判されており、そのようなテロ集団に対して強い態度を見せなければならなかった。


つまりこの強行救出劇が「政治的判断の強い救出策」と言われたのは警察(政府)の強行姿勢を内外に示したい政府の目論見があったのである。


長崎バスジャック事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B7%E5%B4%8E%E3%90%E3%B9%E3%B8%E3%A3%E3%83%E3%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

225: 名無しさん 2014/03/29(土)15:50:16 ID:ES04rPNZs
神戸チフス菌事件

昭和14年神戸でチフス菌を混入されたかるかん饅頭を送られた医師一家が集団
でチフスに感染し結果的に医師の弟が死亡した事件。
本件は内情が明るみに出るにつれ、センセーショナルにマスコミに報道され
犯人に対する同情が集まり減刑嘆願運動が起きた。

犯人の女は、現場となる医師の元内縁の妻だった。
年上だった彼女は、当時まだ医学生であった医師と同じ職場におり恋仲であっ
た。この医学生は最後の実習の際に犯人に結婚を申し込んだが、すぐには学資
出資者がある手前婚姻しないで自分が副院長か博士号を得るまで待つようにな
どと言った。結婚式を地味に内々に済ませ、新婚旅行費用も彼女が出す中で、
たったの10日間の同居を経て、彼女は夫の学費を稼ぐためにと故郷へ帰り開業
したのだった。
彼女の稼ぎはほぼ全額がこの夫に送金され、ときどき現れる夫である男に故郷
の面々はひそかに妾女、淫婦などと白眼視していた。犯人は夫のためとして、
5年もの間その環境に耐えた。ようやく夫が医学博士となったことからとるもの
もとりあえず夫の家へ行くと、夫はそっけなく彼女を「親戚の女です」などと
周囲に紹介し彼女はあっけにとられた。
また男には別の女がいることがわかり、夫から世間体が悪いので開業するまで
は辛抱しろなどと言われたが、1か月ほどはなんとか同棲生活を送った。しかし
その同棲生活の間でも世間体を家人から気にされ、家からは洗濯や家事でも出
ることができず、窓もカーテンも閉め切られ玄関からは靴も隠されるような
有様だった。しまいに義父から出て行けと言われ、夫の妹からは「賢者として
は偉いかもしれないけど家庭人としてはゼロだ」などと言われてついに彼女は
家を去ることになった。
離婚に際し、弁護人がなぜか夫側に同情的で慰謝料は取れたものの、送り返さ
れてきた夫の家にあった自分の荷物からは、夫に関するすべてのものが抜き
取られた上に着払いで来た。
状況から故郷にも帰れない状態となり、俄かに夫宅への復讐心を募らせた犯行
に及ぶ結果となった。

デパートでかるかん饅頭ひと箱を購入、チフス菌が確実に発症するように
二種類の株をすべての饅頭に注射器で仕込むという念の入れようだった。
なお送付元は病院の元患者と称していた。

事件が報道されると、世間は犯人に一心に同情を集め、一審で無期懲役の求刑
を言い渡されると、犯人が無期なら夫は懲役何年なのかなどという手紙が判事
宛に届いたりした。
判決は同情すべき余地があったとして懲役8年。

チフス饅頭事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%E3%95%E3%B9%E9%A5%E9%A0%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

229: 名無しさん 2014/03/29(土)17:50:03 ID:ES04rPNZs
直江津駅リンチ殺人事件

昭和20年末に信越本線直江津駅で発生した在日朝鮮人によるリンチ殺人事件。
この事件そのものは、当時のチンピラのよくある民間人を虐待した案件では
あるが、同時期に在日朝鮮人がどのような心境をもっていたかを知る資料と
なる事件である。

新潟発大阪行きの超満員の列車が信越本線黒井駅へ到着した際、犯人グループ
となる三人の在日朝鮮人は列車の窓を強引に破って中へ乗り込もうとしていた。
(当時の都会と田舎を結ぶ列車は、折から運転本数が少ないこともありどの列車
も買い出しなどの客で超満員であった。乗り切れない客はデッキや屋根上だけ
でなく、機関車や炭水車などにも乗り込む有様だった。乗り方も前後の狭い
開放式扉ではなく、直接的に窓から乗り込むのはよくあることだった。)
しかし、ある男性乗客がこの三人の強引な乗り込みを阻止した。三人は止む無く
デッキにぶら下がったままで次の直江津駅まで乗車した。
直江津に到着するや否や、自分たちを阻んだ男性を取り囲み難癖をつけ始めた
男性が窓から乗り込むのはおかしいというと訴えると、犯人のうちの一人は
「朝鮮人に向かって生意気だ。ホームへ降りろ、殺す」と叫んでホームへ
引きずりおろした。犯人の男三人はホームに備え付けてあったスコップなどの
備品で男性を滅多打ちにし、殺害した。

警察は本件の通報を受けて市内全域に緊急配備を敷き、直江津市内の病院で
三人を逮捕した。
しかし、この三人は検事局へ送検されたのち逃亡して、行方知れず。その後
迷宮入りし本件が裁かれることは無かった。

直江津駅リンチ殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E6%B1%9F%E6%B4%A5%E9%A7%E3%AA%E3%B3%E3%81%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

230: 名無しさん 2014/03/29(土)18:18:59 ID:ES04rPNZs
姫島リンチ殺人事件

昭和37年大分県姫島で起きたリンチによる傷害致死事件。
被害者はやくざまがいの行為で島を恐怖に陥れていた兄弟二人で、島の男たち
による恐怖からの脱却を思う心が最終的に殺害という形になって現れたもの。
群集心理が引き起こした事件として特筆すべきところがある。

被害者兄弟は叔父が島の有力者であることと、幼少期を島外ですごしたこと
により島の者に対してのある種の優越感を持っていた。兄は島で映画館をはじ
めるとそこそこの成功をおさめて、島内のお気に入りの人間と徒党を組んで
は島の者たちを難癖をつけて暴行や恐喝を行っていた。何回かは警察沙汰に
なるものの縁戚の関係からかすぐに出所し、お礼参りを繰り返すような有様
だった。

事件の半月ほど前に島の青年クラブが記念行事として少女歌劇団公演を無料
で開催したところ、被害者の経営する映画館の客入りが悪くなり兄弟は青年
クラブに対して落とし前をつけてやるなどと言いがかりをつけた。関係者は
恐怖して島の若者宿に集団で寝泊まりをしていたところ、事件当日に件の兄
弟が現れ暴れたうえに9人を負傷させた。
当夜集まっていた者たち40数名が緊急に会合を開いたところ、兄弟に懲罰を
与えるべく異様な盛り上がりを見せた。会合に来ていた39人の男は興奮状態
となって兄弟の居場所へ殴り込み、これに応戦した兄弟は、各々棒切れなど
で武装した39人の男に多勢に無勢の状態となり袋叩きとなった。

ひとしきりうちのめし動かなくなった兄弟を島の記念塔の前に放置すると、
男たちは帰って行った。兄弟の親類が変わり果てた姿を見つけ、病院へ搬送
するも二名とも死亡した。
裁判では39人のうち15名が起訴。そのうちの首謀者を懲役2年の実刑判決と
したもののほかの者はすべて執行猶予付きの判決となった。判決の理由は
群集心理がもたらした結果であり目的は殺害ではなかったことと、被害者
側の落ち度を勘案した結果だった。

姫島村リンチ殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E5%B3%B6%E6%9D%E3%AA%E3%B3%E3%81%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


no title

232: 名無しさん 2014/03/29(土)20:11:13 ID:ES04rPNZs
人違いバラバラ殺人事件

昭和29年埼玉県で発生したバラバラ殺人事件。
本件は事件そのものが人違いで殺人を犯したうえにそれに気づかないまま死体をバラバラにしたという点に加え、法廷の場で証人として出廷した本来の殺害対象者に対して傷害を加えた結果その判決に多大な影響を及ぼしたという日本犯罪史上でも類を見ない特異な事件である。

犯人の男は所謂落ちこぼれの少年時代を過ごし、容姿もお世辞にも優れたタイプではなく、また社交的でもなかった。定職にもつかず、窃盗などをしては少年院に入れられているような状態だった。
そのようなところ、故郷の山梨のダンスホールで知り合ったある女性と知り合う。たいていの女は自分を見ると嫌がるのにこの女だけは優しく接してくれ、交際するようになった。男は結婚したいと思い女の両親に挨拶に行ったが、男の素性は地元では有名であり、定職についていないようでは結婚は許可できないとやんわりと断った。しかしこれを定職にさえつけば許してもらえると取った男は東京へ出て何とか働き始めたものの、すぐに窃盗容疑で逮捕された。
このころには女も結婚を嫌がるようになり、埼玉の姉のところへ逃げた。男はつまるところこの後は女をストーキングするようになり、転々と逃げる女を追いかけるような有様だった。姉からはしっかり働けば可能性はあると言ったように諭され紹介された映画館でしばらく働いていた。

しかしながら女と会いたいという思いは募り、ある日突然映画館をやめて女を探す旅に出るなどと言って仕事を辞めてしまった。辞めた4日後、ふらりと下りた東武線の駅で女とよく似た全く無関係の女を後姿から女を見つけたと思い込み、後ろをつけて畑の中に押し倒して両腕で首を絞めて殺した。殺したのちに女としての機能をなくすため、という理由で乳房と陰部を切り取り更に歩けないようにするためという理由で両足を付け根から切断した。肉片を一部手に持って近くの神社へ行き、その途中と神社の境内に肉片をばら撒いて自身はお宮の中で一夜を明かした。
その翌朝、新聞報道を見て自分が殺した相手が全くの他人であることが判明した。この時の気持ちを逮捕後に犯人は「自分は愛のためにやったのだ」と自分勝手に考えていたことを供述している。

裁判では一審で無期懲役。検察側は軽すぎるとして控訴、そして犯人も自分は愛するがゆえにやったのだからこれは重過ぎるとして控訴した。
そして事件は高裁の最終尋問の際に起きた。当日犯人の本来の目的である女が証言台に立ち「(犯人は)勝手に私のことを恋人と思っているだけで、私には関係ない」と証言したことで犯人が激怒、証言台から下りた女を隠し持っていた竹ベラで左胸を刺し全治二週間の大けがを負った。法廷は騒然となり、緊急に被告人に対する措置と法廷内の安全性について協議することとなった。

上記の事件が裁判に大きく影響し、二審は逆転で死刑判決。最高裁もこれを指示し死刑が確定。昭和34年に刑執行。

犯人は逮捕後から刑執行まで、バラバラ殺人の図など奇妙な絵を描き続けてそれを被害者に送利つけたり、犯行当日の状況を収監仲間に武勇伝のように語るような奇行を見せていた。一方で、本来殺害するつもりだった女についてはその女がいかによい女だったか、ということを滔々と語り続けていたという。

人違いバラバラ殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%95%E3%84%E3%90%E3%A9%E3%90%E3%A9%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
※画像なしです

233: 名無しさん 2014/03/29(土)22:01:53 ID:ES04rPNZs
津女子中学生集団水難事件

昭和30年三重県の海岸で集団水泳訓練中だった女子中学生が集団で水難事故に
遭遇した事件。
死者36名重傷者6名を出す大惨事となった。

現場となった沿岸部は砂浜が広がる海水浴場で、津市では水泳を学校の正課
として採用するにあたり、遭難した中学で600名余の生徒たちを引き連れて
10日間にわたって水泳訓練をしていた。事件はその最終日に発生した。
当日は、泳げない生徒を中心に200名程度の女生徒が訓練を行っており、事故に
遭遇する数分前に一斉に海に入った。
事故は突然海に入った半数余りの女生徒及びその引率の教師が身動きが取れなく
なり、大声で助けを求める声をあげていることに複数の職員や水泳部員が気づ
いた。驚いたこの者たちは急遽救出活動を開始、周囲の海水浴客や近くの病院
漁師などが救助に駆けつけた。
警察は病院がスピードを上げて車を走らせていることで初めて事件に気づき、
警官隊、自衛隊、病院などが続々と2時間後には詰めかけてあたりは騒然と
した。海岸では救助された女生徒が横たえられて救命措置が取られ、この様子
は衝撃的なニュース映像として残っている。
最終的に溺れたものは49名、そのうち意識を回復した者はわずか13名で、残り
36名は次々に息を引き取った。また意識を回復したもののうち6名は海水を
大量の飲んでいたため後に肺炎を併発して生死の境をさまようことなった。

事故の原因は今もって謎とされている。
なぜこのような異常潮流が起きたのか、さまざまな観点から学者たちが推論を
述べたがどれも決定的な証拠が無かった。事実としてあることは急激に水位
上昇が発生したこと、海底部分に水面部とは違う抵抗し難い潮流が発生した
こと、沖合から通常は見られない白波が急に近づいてきていたことだった。

本件は学校側の責任者を注意義務を怠ったとして業務上過失致死罪で立件さ
れ裁判で争われた。事故原因がこの裁判中に多数証拠として持ち出されたが、
どれも推論の域をでないものと断じられて最終的に法廷でも原因不明とされ
た。本裁判は教師を被告としたことから日教組が教師側をバックアップし、
政治色を帯びるものとなって行った。一審では執行猶予付きの懲役刑判決、
控訴した二審で無罪となり、検察が上告しないことで確定した。

なお現場は現在は遊泳禁止地域となっている。

橋北中学校水難事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E5%8C%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%B0%B4%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

236: 名無しさん 2014/03/29(土)23:22:20 ID:ES04rPNZs
ゴーストップ事件

昭和8年大阪で起きた陸軍一等兵が信号を無視したことからそれを逮捕した警察
と陸軍との一連の騒動。
本件は軍と警察という組織が何によって統帥されるかが争われ、最終的に日本
国内治安においても軍の暴走を許す契機となった。

大阪天神橋筋六丁目の交差点に当時設置されたばかりだった「ゴーストップ」
(信号機のこと)を、市電に駆け乗ろうとしていた陸軍一等兵に周囲を警戒し
ていた巡査がメガホンで注意した。その場で巡査は一等兵を派出所へ連行し、
この派出所で一等兵が軍人は警官には従わない旨を強弁、巡査と大喧嘩になり
これを見た市民が憲兵隊へ通報したことから事態が拡大した。
憲兵隊は公衆の面前で皇軍を侮辱した罪は重いとして謝罪を求めたが、警察は
これを拒否、事は連隊長から師団参謀長まで広がり更に様相が更に拡大化した。

後に陸軍大臣荒木貞夫が内務大臣山本達雄に猛烈に抗議、両者が譲らないまま
周囲にストレスが溜まっていく。警察は件の一等兵を私服警官にマークさせ、
今回の件以外にも7回の信号無視を繰り返していることを一方的に発表。将に
泥仕合の様相となり、これに乗っかったマスコミが報道を過熱させて、大阪中
が「ゴーストップ」で沸き立った。
周囲では事件の処理に追われ、所管の警察署長が過労で倒れて入院、そのまま
亡くなってしまった。また事件の目撃者の市民が度重なる憲兵と警察の取調べ
に耐えきれず列車に飛び込み自●をした。

事件は昭和天皇の憂慮するところとなり、特命を受けた兵庫県知事が和解を
働きかけ最終的に師団参謀長と大阪府知事が共同声明を発表、事件の当事者
である二人が互いに詫びて握手となり、和解がなった。しかしこの和解内容
は公表されていないものの、警察が譲歩したものという見方が一般的である。

この事件後、国民には「軍は警察には取り締まれないもの」という見方を一般
化させ、内務治安においても軍の統制が警察にできないことへつながってしま
った。

また本件が起きた背景として、戦前において警察は明治政府後の薩摩閥が組織
した警視庁を前身とした武家集団でエリート意識が非常に高く、軍に対する
優越意識があったことが挙げられる。
更に別の観点では、当時信号機は一般的でないばかりか、実は道路交通法上
でもその信号の意図に法制化がなされておらず、そもそも件の一等兵に対して
この信号機の表示をもって取締りに根拠があるか、という問題点も含んでいた。

ゴーストップ事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B4%E3%BC%E3%B9%E3%88%E3%83%E3%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

239: 名無しさん 2014/03/30(日)00:04:26 ID:Dnra1skoS
>>236
この発展途上国感好き

244: 名無しさん 2014/03/30(日)09:18:18 ID:E191OaO7u
首なし娘事件

昭和7年愛知県で起きた損壊された遺体となって発見された少女と、それを殺し
た男が自●しているのが発見された事件。
本件はいわゆるエログロナンセンスの当時の風潮と合致した退廃的な事件で
あった。

事件の発覚は次のようなものである。名古屋市内のとある農家の納屋の中で女
性の死体が発見された。この死体には首がなく、更に着物の下の乳房、へそ、
陰部が抉り取られているという異常な状態だった。この死体のそばに遺留物が
あり、簡単にこの女の身元と、更に一緒にいたと思われる男が誰なのかが知れ
るところとなった。
男がどこにいるのかすぐに捜査が開始されるが、その男の居場所付近で聞き込
みを行っても行方が知れない状態だが、この恋仲にあった男女は特に年が離れ
ていた者同士ということでその周囲では有名な存在であることが分かった。
この3日後に女の首が木曾川で発見されるが、今度は髪の毛と頭皮、唇、耳、目、
がないという状態だった。男の行方は杳として知れず、一月ほどが経過した。
犬山の木曾川のほとりのとある腰掛け茶屋の中から男の首吊り死体が発見され
る。この男は頭から長い髪の毛を垂らしており、発見した男は本当に男なのか
その異様な光景を不思議に思ったことから、はたと世間をにぎわしていた首なし
娘の死体のことを思いついたのだった。果たして警官がかけつけて死体を調べる
と探していた男と分かった。この男は頭から女の頭蓋をかぶり、耳、目、へそ、
を持っていた。更に茶屋の冷蔵庫から乳房と陰部が出てきた。陰部の一部は
それを食した跡が認められた。
遺留物の中に遺書があり、女と書体を持ちたかったといったようなことが書か
れていた。

この男と少女は、男の妻の職場に来ていた手伝いの少女という関係で、男の妻
がその後病床に伏した後、男から迫る形で不倫関係にあった。後に男の妻は死
亡するがこの際に妻の体は献体されており、男はこの献体の解剖に立ち会って
それを見届けている。男はその後、職場を些細な諍いで辞めることとなり、少
女を置いて東京で店を開業するものの少女のことが忘れられずすぐに帰ってきて
しまった。帰ってきてそうそうに少女とひたすら情事にふけった後心中すること
を決めたが、少女に反対されて逆にその思いを強くし、少女を殺害するに至っ
た。
男の遺体が少女の頭皮をかぶっていたのは、少女とのあの世での一体化を信じ
ての物だった。本当は死体ごと持っていきたかったが、できないため女の象徴
であると思っていた部分のみを切り取り持ち運んだのだった。男は自分が少女
と一体になったかのような気分のまま首をくくった。
この経緯については遺留物にあるメモから知れることとなった。

本件が明るみになると、マスコミは江戸川乱歩の小説の名から取って男を
「淫獣」と呼びセンセーショナルに報じた。

首なし娘事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%E3%AA

%E3%97%E5%A8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

245: 名無しさん 2014/03/30(日)09:55:19 ID:E191OaO7u
東名高速日本坂トンネル火災事故

昭和54年静岡県内の東名高速道路下り線日本坂トンネル内で発生した車の複合
追突事故から発生した火災事故。
7名死亡2名負傷、車両173台焼失。本件は道路トンネル火災としては史上最大の
もので、平成24年に発生した笹子トンネル崩落事故までは道路トンネル事故で
の最大の死者を出した事故だった。

事故の経緯は以下の通り。事故当日の夕刻、トンネル内は前方であった事故の
ために渋滞中で、この渋滞の発見が遅れた大型トラックBがブレーキが間に合わ
ず、前方で急ブレーキをかけた大型トラックAに追突した。この後方を走ってい
た乗用車Xが更にBに追突。その後方の乗用車Yがそれをよけ、更にその後方の大
型トラックCは急ブレーキで停止。しかしながらさらにその後方の大型トラック
DがCに時速100キロ余りで突っ込んだ。これによって大型トラックCが、前方で
よけた乗用車Yに追突、この影響でYのガソリンが発火した。
火災が発生するとすぐに大型トラックCとDが積んでいた合成油脂に延焼してし
まい大火災が発生、またこれによって道をふさがれて立ち往生した車に次々に
延焼し、事態の収拾がつかなくなった。
日本坂トンネルでは当時最新設備であった、スプリンクラー、排煙装置といった
防災装置が設置されていたが、あまりの火災の強さに機能せず、さらに到着し
た消防車もなすすべなく火災に巻き込まれるという状態だった。
最終的に追突の原因となった大型トラックB、乗用車Xの2名、大型トラックDの
運転手が即死、乗用車Yの3名が焼死、他負傷2名、173台を焼失して、数日間
炎上を続けるという未曽有の事態となった。

これに影響して、東名高速が1週間にわたり通行止め、更にその後2か月に渡り
上り線による対面通行となったため、並行する国道1号線、中央高速、国道20号
線等が大渋滞となった。

本件を契機にして高速道路におけるトンネル内での車線変更の禁止、70km/hの
速度制限(この二つは建築基準が変更されたトンネルでは適用外)、トンネル
情報板の設置、防災設備の大幅な改良が実施された。
また本件の報道によってテレビ局でのVTRの本格導入が開始される契機となった。

日本坂トンネル火災事故→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%E6%9C%AC%E5%9D%E3%88%E3%B3%E3%8D%E3%AB%E7%AB%E7%BD%E4%BA%8B%E6%85

no title

247: 名無しさん 2014/03/30(日)11:01:32 ID:E191OaO7u
盧溝橋事件

昭和12年北京西部の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民党軍との衝突事件。
本件は日中戦争の直接的な契機となった。
本件を理解するためには双方がなぜそこに駐屯するに至っているかの前提から
後の敗戦に至るまでの日中戦争の推移を知る必要があるが、ここでは事件その
ものの内容のみを扱う。

予てから北京郊外に駐屯していた日本軍は予定されていた戦闘演習で盧溝橋
北側付近で夜間演習を行っていた。演習が終了して集合を伝達していたころ
対岸で駐屯していた中国国民党軍が後方から1発発砲してきた。急遽日本軍側
が空砲にて威嚇射撃を行うと散発的に実弾で国民党軍が反撃してくるものの
すぐに懐中電灯らしいものが明滅した後撃ち合いは終了した。
この後に伝令が一名行方不明になっていることが分かり、これがすぐさま大
隊長へ報告されさらに連隊長へと急報されることとなった。行方不明者は実
はトイレで大便を済ませていただけだったのだが、現地ではこの後すぐに
点呼再確認されたものの大隊長への報告を怠ってしまった。これがのちの
停戦会議に大きな影響を及ぼすことになる。

翌未明になって、伝令だった二名が自隊を探している最中に中国側から実弾
で攻撃を受けた。この報告を受けた大隊長は中国側の攻撃の意図が明白で
あるものとの心証を得る。このころにはすでに日中双方で事態が把握されて
おり未明に日中合同で調査団が向かってきていた。その間に大隊長は連隊長
へ電話にて再び起きた戦闘状況を連絡、連隊長は戦闘開始を許可し、直ちに
大隊長は駐屯地から国民党軍前面へ兵を移動させる。その1時間後ほどで日本
軍はさらに前進これを受けて双方で激しい銃撃戦となった。この戦闘は2時間
ほどの戦闘の後に散発的に攻撃が発生、しかしながら当日中には小康状態と
なった。
当日夜に参謀総長名で参謀本部より事件拡大を防止せよとの旨が伝達される。
この際の決定には戦線不拡大派である石原莞爾が大きくかかわった。

 続く

248: 名無しさん 2014/03/30(日)11:01:52 ID:E191OaO7u
翌未明、双方兵を引くことで一時的に停戦協議が成立。その後正午頃まで中
国側からの散発的な攻撃が発生するもののおおむね双方の撤退が完了した。
当日、臨時閣議で中国側を非難し撤退を要求する対中方針を策定、これを参
謀次長名をもって現地へ伝達が行われる。

更に翌日翌々日と本件を終息させるにあたり現地で停戦協議が続くが、この間
に日本政府内で強硬論が俄かに台頭、米内光正海相や石原莞爾陸軍少将らの
不拡大派を押し切り、現地への陸軍本体派兵の天皇裁可を賜るに至ってこれを
決定した。これが本件を事態拡大させる転換点となった。
またその内容をマスコミに対する協力要請という形で伝えた近衛首相の意向
が、国民世論の強硬姿勢に拍車をかける形となり、現地の思惑とは別の方向に
動いていく。

一報の中国側は事件を受けて、抗日戦争の必要性が強く叫ばれ、事件4日後に
は蒋介石・周恩来との国共会議においての抗日の合意、その後の共産党の一部
有力者の支持を得た蒋介石が「最後の関頭」と呼ばれる演説をし、抗日を重ね
て強く表明した(しかしこの一方では日本側と共産党を排除するような交渉に
も臨んでいた)。

この後、こうした双方政府の動きとは離れて現地担当者による停戦の協議が
ぎりぎりまで続けられたにも関わらず、大紅門事件、廊坊事件、広安門事件、
通州事件と言った双方の衝突が繰り返され、遂に約1か月後第二次上海事変
の勃発にいたって日中の開戦は決定的となり、8年の長きにわたる広大な中国
大陸での戦争へと双方は引きずり込まれていくこととなった。

盧溝橋事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E6%BA%9D%E6%A9%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

258: 名無しさん 2014/03/30(日)14:38:28 ID:E191OaO7u
手首ラーメン事件

昭和53年東京で人間の手首から出汁をとったラーメンが売られたことが発覚した
ことから騒動となった事件。
この事件は元々暴力団の抗争で起きたバラバラ殺人の余波だったのだが、事が
明るみになるに至り、世間は大騒動となった。

兵庫県と岡山県の山中でそれぞれバラバラとなった腐乱死体が発見された。この
遺体の背中に特徴的な刺青があったため、すぐに身元が判明、ある暴力団幹部で
あることが分かった。これに伴って組内部での抗争で殺人が行われたことが判明
し同組の幹部を逮捕し、真相が明るみに出た。
しかし捜査本部が遺体の残りの部分である手首が無いことを不審に思い、これを
どこへ遺棄したかを追及したことにより、事件は殺人から全く別の様相を呈して
くる。

犯人は手首については指紋からすぐに身元がばれてしまうと思い、これを隠匿
したうえで処理に困っていた。そこで思い立ったのが子分が経営する屋台ラー
メンの銅鍋に入れて出汁にしてしまい、残った骨を粉々に砕いて捨ててしまおう
ということだった。
この事実は警察からマスコミに流され、報道をみた都民はパニックに陥った。
特に屋台ラーメンを食べた者から警察へ問い合わせが殺到し、ラーメン全体の
売り上げが極端に減少するという事態に陥った。
警察はこれを受けて、どの屋台ラーメンでラーメンが売られたのかを調査。
それによると
・手首でだしをとった屋台ラーメンは尾久?荒川土手?西日暮里付近で営業
・ラーメンそのものは客が異臭に気づき売られなかった
とし、手首ラーメンを食した客はいなかったなどと発表した。
しかし、屋台ラーメンを食べた客からは、当日9時間にも渡って営業されていた
屋台ラーメンが全く客に提供しなかったということは考えられないといった指
摘もあり、事件発覚から3か月にも渡って混乱は続いた。

犯人は翌年懲役17年の判決を受けた。

手首ラーメン事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%E9%A6%E3%A9%E3%BC%E3%A1%E3%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

259: 名無しさん 2014/03/30(日)14:40:20 ID:Csps4n3XP
>>258
あったあった
懐かしい

261: 名無しさん 2014/03/30(日)18:59:46 ID:Zv8CEfRjq
>>258
うわああああ
それ食った人、一生ラーメン食えないだろうな

268: 名無しさん 2014/03/31(月)18:19:11 ID:JLqt47FGG
足立区女性教師殺人事件

昭和53年足立区の女性教師が失踪した事件。
本件は未解決事件として公訴時効が成立したのち、真犯人が自首するという非常に特異
なケースとなった。

昭和53年足立区の夏休み中の小学校で、殺害当日の翌日が給料日で出勤予定だったはずの
女性が欠勤、さらにその翌々日は日直だったがこれも欠勤、さらにその翌週も欠勤した。
学校ではこの後校長から実家へ連絡するも実家にも帰郷していないことがわかると女性の
住所で女性の不在を確かめるや即管轄警察署へ通報、実家からも警察署へ捜索願が出され
た。
その後父母親戚らが上京、警察や学校で捜索を行うものの、全く手がかりがつかめない
でいた。
そのような中、昭和62年に起きた大韓航空機撃墜事故にて、犯人として逮捕された女が
日本語の家庭教師として似顔絵を出した女の顔がこの失踪者に似ている、として父母
らは北朝鮮へ拉致されたものと思い込み北朝鮮拉致被害者協議会へ加入し、拉致被害者
としての活動に参加することになった。

ところが事態は事件から26年、平成18年に急転直下で真相が判明することとなる。
捜索時に最後の目撃者とされていた小学校の警備員の男が、本件の殺害の犯人であること
を警察署へ自首してきたのだった。
供述によると、事件当日の夕刻被害者と肩がぶつかったということで口論になり、
勢い余って絞殺(ただしこの供述には客観的証拠が無いとされ裁判では理由不明とされて
いる)、その日に遺体を毛布でくるみ自家用車で自宅へ持ち込むと、自宅六畳間の床へ穴
を掘って被害者を埋めた、とのことだった。供述通り自宅より遺体が発見されて本件の
真相が明らかとなった。
なお、犯人がなぜ自首してきたかであるが、犯人宅が平成6年ころから区画整理事業対象地
に指定され、区から度重なる用地買収を持ちかけられていた。これを犯人は、自宅周囲を
有刺鉄線で囲んだりバリケードを作り、さらに監視カメラまで設置して拒み続けた。
しかしながら、周囲の立ち退きが進み、いよいよ拒否できない状況になったところへ、
妻の実家へ転居することが決まり、自宅が取り壊され掘り返されるに至ると確実に本件が
発覚することを悟り、自首に至った(なおその後の民事訴訟の場などの態度から犯人には
良心の呵責は全く見られなかった)。

本件は当時あった殺人の公訴時効が成立していることから、殺人事件としては立件できず
(犯人は時効成立を承知していた)その他の犯罪についても公訴時効となっていたため、
争いは民事訴訟の場に限定された。
遺族の起こした民事訴訟で、一審では民事上で争うことが可能な遺体隠匿にのみ焦点を絞
り犯人の責任を断じたが、控訴した高裁で遺体隠匿と殺人の重大な関連性を認め、原告側
の意見を大幅に取り入れて、最高裁でもこれが支持され、犯人へ約4255万円の支払いを
命じる判決が確定した。
事件から実に31年が経過しての解決となった。なおこの1年後、殺人罪の公訴時効が撤廃
された。

足立区女性教師殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E5%8C%BA%E5%A5%B3%E6%A7%E6%99%E5%B8%AB%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


no title

272: 名無しさん 2014/03/31(月)21:31:22 ID:BmzZe5Hpn
>>268
自主したオッサンのインタビュー映像をワイドショーで見た記憶があるんだが、こんな背景があったのか
モザイクかかってたけど、きったねーオッサンだったな

271: 名無しさん 2014/03/31(月)21:20:48 ID:IgO8FSme6
はじめから読んでやっと追いついた
首なし娘事件、こんな事件があったなんてまったく知らなかったなあ
澁澤龍彦あたりがエッセイなんかで取り上げてそうなかんじだ

282: 名無しさん 2014/04/01(火)00:27:48 ID:Knnxz3Jy6
富山長野連続女性誘拐殺人事件

昭和55年富山県と長野県で起きた連続誘拐殺人事件。
この事件そのものに大きな特徴は無いが、犯人逮捕時に一緒に逮捕された愛人の
男が主犯であると警察・マスコミから決めつけられ、その後無罪となったことか
ら報道の在り方について影響を与える事件となった。

富山県八尾町で、娘を預かってるのでそのことで相談があるとの連絡が、女の声
で親元へ電話があった。この前日にこの女子高生の娘からアルバイトをさせてもら
えるという会社にいるから心配いらない、という電話があった。警察とともに、
その会社へ出向くと、そのような少女は知らないとの応対だった。
この少女は翌月岐阜県内の山中の林道脇で遺体となって発見される。遺体の首に
は花結びにされた紐がまきついていた。
少女行方不明から2週間後、今度は長野県長野市で信金職員の女性が退勤後に
行方不明となる。翌日女の声で3000万円を用意せよとの連絡が家族に入る。次に
連絡あった際に10万円しか用意できなかった旨を犯人に告げたところすぐに電話は
切れた。さらに翌日、女から2000万を用意して長野駅へ来るよう指示がある。家族
が警察を連れ、長野へ向かうと駅構内放送での呼び出しの後、特急で高崎駅へ向か
って駅前の喫茶店を受け渡し場所に指定してきた。しかし、その喫茶店には誰も現
れなかった。この後連絡が途絶える(犯人は受け渡し場所には来ていたが警察に
気づいていた)。

この20日後、警察は公開捜査へ踏み切る。これが功を奏し、岐阜県内と長野県内
で、同様のサングラスをかけた女の赤のフェアレディ280Zが目撃されていたこと
が判明するに至り、これが犯人逮捕へつながった。
逮捕されたのは富山市内の会社経営の女とその愛人の男だった。その後、脅迫電話
の声紋鑑定で同一人物と判明。
翌月に長野県内の林道脇の崖下から誘拐された女性信金職員が発見された。この
女性にも花結びの紐が首に巻かれていた。

 続く

283: 名無しさん 2014/04/01(火)00:28:16 ID:Knnxz3Jy6
逮捕時一緒に行動していた愛人の男が主犯格とされた。犯人の女の方が、男が主犯
で自分は殺害しておらず誘拐、死体遺棄などを手伝っただけと主張し、これを警察
が信じ、マスコミに発表してしまった。
マスコミも男が主犯であるように報道し、特にテレビニュース等で男が警察に連行
される際、罵声を周囲から浴びせられる中、男は必死に「自分はやってない!自分
ではない!」と叫ぶ姿が報道された。

後の裁判で犯人の女は同様の主張を繰り返したものの、男は一貫して無罪を主張。
犯人から金子の宛てがある旨を繰り返し聞かされており、その受け取りに同行して
いるつもりであったとの供述と、犯行当日アリバイがあったことが判明したことなど
から、検察は男の主犯説を翻して共同正犯であったとして、男には無期懲役、女に
は死刑を求刑した。男と犯人の女は裁判中にお互いを激しく糾弾し、特に男は「この
清い、静粛な法廷に悪魔の心を持つ女がいる」との発言を残している。
一審判決は犯人の女は死刑、男は無罪。犯人と検察が双方控訴。
二審で犯人の女は控訴棄却、男は一審判決を支持。検察が男については上告断念、
犯人が上告。
最高裁で再び上告棄却され、犯人の女の死刑が確定した。

犯人の女は東京で離婚したのち、故郷の富山へ帰ってきて会社経営をしながら夜の
仕事をして食いつないでいた。しかし犯行前はほとんど金の宛てが無くなり、一度
保険金殺人未遂を犯したあと、誘拐を思いついたものだった。
犯人は再審請求を繰り返し、更にマスコミに対しても名誉棄損での訴訟を連発した。
現在刑未執行のまま収監中。

富山・長野連続女性誘拐殺人事件→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B1%B1%E3%BB%E9%B7%E9%8E%E9%A3%E7%B6%9A%E5%A5%B3%E6%A7%E8%AA%E6%8B%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

no title

280: 名無しさん 2014/03/31(月)22:42:50 ID:LvTVFVa9V
これはいいスレ
犯罪学を学びたかった自分としては、とても興味深いです